日本脳炎予防接種のお知らせ

掲載日:平成27年4月1日更新

第1期の積極的接種のすすめ

日本脳炎ワクチンによる健康被害の重症例が認められたため、平成17年度から国の指示に基づき、市では積極的な勧奨を控えてきました。
しかし、第1期予防接種での新しいワクチン(乾燥細胞培養日本脳炎ワクチン)の安全性が確認されたため、平成22年4月に厚生労働省から積極的に勧奨を行うように通知がありました。

接種さし控えにより第1期の接種機会を逃した方の接種方法

平成7年4月2日~平成19年4月1日に生まれた方は特例対象者として、20歳になるまでの間、いつでも日本脳炎の定期予防接種を受けることができるようになりました。また、平成19年4月2日~平成21年10月1日に生まれた方は、第1期の接種期限の特例で、7歳半になる前の前日に加え、9歳以上13歳未満の間も接種可能です。

7歳半から9歳の間に接種すると。公費負担できません。

第2期の積極的接種のすすめ

第1期の接種が終了している人で、9歳以上の場合、第2期を受けることができますが、第1期終了からおおよそ5年の接種間隔が望ましいとされています。

ワクチンの接種方法

個別接種となります。医療機関に予約をしてから受けてください。予診票・接種券は以前にお届けしてある用紙をご利用ください。

  • 平成7年4月2日~平成19年4月1日に生まれた方は、予診票・接種券の有効期限が切れているものでも、20歳の誕生日の前日までは使用できます。紛失された場合や第2期の接種をご希望の場合は、母子健康手帳を持って保健課〔本庁舎南分館〕または子育て支援課〔本庁舎〕、大和市民センター〔大和庁舎〕、塩沢市民センター〔塩沢庁舎〕で交付を受けてください。
  • 不明な点は保健課までご連絡ください。
問合せ
福祉保健部 保健課 母子保健班

〒949-6696 新潟県南魚沼市六日町180番地1
電話:025-773-6811
ファックス:025-773-6839

メールでのお問合せはこちら