南魚沼での新たな暮らしを応援します「南魚沼市地方創生・グローカルビジネス塾」

掲載日:平成28年10月28日更新

「グローカルビジネス塾」の参加者を募集します

本塾は、「地方創生・地方発グローバルビジネスの実際」に関心のある人向けに、「南魚沼市(新潟県)に移住や拠点を置いて、地方からどんなビジネスを発信できるか?」をテーマに企画し、南魚沼市が主催する研修プログラムです。参加費は原則無料で、1回だけの参加でも構いません。第5回では実際に南魚沼市に来ていただき、すでに南魚沼市に移住し就業・起業している若者との交流・意見交換をしていただく予定です。

参加費

無料(ただし、交通費などその他の実費は自己負担となります)

定員

200名

  • 申込み先着150名に南魚沼産コシヒカリ新米をプレゼント!

申込み

専用フォームからお申し込みください。申込み先着順で、定員になり次第締め切ります。

締切:平成28年11月18日(金曜日)17時15分まで

南魚沼市地方創生・グローカルビジネス塾(PDF:798.4KB)

南魚沼市地方創生・グローカルビジネス塾プログラム・講師一覧(PDF:311.7KB)

「南魚沼市地方創生・グローカルビジネス塾」お申込み専用フォーム

市の紹介

グローカルビジネス塾の特徴

  • 南魚沼市に移住した場合や拠点を置いた場合に行える、地方創生の鍵となる「地方資源を活かしたビジネス創生」をテーマとした研修プログラムです。
  • 南魚沼市の地方資源の事例に基づくケーススタディ形式の実践的プログラムで、地方創生の課題、ビジネスの実際についての習得機会を提供します。
  • 南魚沼地域関係者との交流を通じて、地方創生・地方発グローバルビジネスへの具体的な提案・討議機会を提供します。

ケーススタディ

当研修プログラムでは、以下をケーススタディ・テーマに沿って、研修参加者に課題に取り組んでいただきます。

  • テーマ1. 「南魚沼産品・サービスの首都圏ブランディング戦略」
  • テーマ2. 「南魚沼市の地域資源を活用したグローバルビジネス戦略」
  • テーマ3. 「南魚沼市への移住・2拠点ライフ促進に向けたコンシェルジュ事業」

南魚沼市での現地訪問&交流会の開催

  • 南魚沼市への現地訪問を通じて、南魚沼市に既に移住し就業・起業している若者との交流・意見交換の場や、地方創生ビジネスの源となる「地域資源」の視察機会を提供します。
  • 研修参加者が取り組んだケーススタディ課題に基づいて、南魚沼市の地域関係者との討議・交流機会を提供します。
  • 本現地交流会を通じて、地方創生・地方発グローバルビジネスを創出する際の課題・ビジネス機会・成立要件の実際についての習得機会を提供します。

スケジュール

第1回「南魚沼市地方創生・グローカルビジネス塾」

日時

平成28年11月26日(土曜日)14時00分~16時00分(13時30分受付開始)

会場

住宅金融支援機構本店 すまい・るホール〔東京都文京区後楽1-4-10〕

  • JR総武線水道橋駅西口下車 徒歩3分
  • 都営地下鉄大江戸線飯田橋駅下車 徒歩3分
  • 都営地下鉄三田線水道橋駅下車 徒歩5分
  • 東京メトロ丸の内線・南北線後楽園駅 下車徒歩7分
  • 東京メトロ有楽町線・東西線飯田橋駅 下車徒歩10分

8月に開催した様子

会場までのアクセス(住宅金融支援機構ウェブサイト)

プログラム

1.「南魚沼市の地方創生施策」(説明者:市職員)
  • 自治体視点の地方創生施策の解説

南魚沼市が推進する中高年移住施策(南魚沼版CCRC(生涯活躍のまち))、ICT拠点構築施策(グローバルITパーク南魚沼)やサテライトオフィスの構想、地方創生の狙い、現状や今後の計画について説明・解説します。

  • 産官学金連携の現状解説

上記施策に関連した産官学金(民間企業、自治体、教育機関、金融機関)の現状、地方創生における産官学金の連携の実際について説明・解説します。

2.「地方創生ビジネスに資する南魚沼資源の紹介」

「地方創生ビジネスに資する南魚沼の地方資源」の事例について説明します。

  • 南魚沼市の地方資源事例1「国際大学の国際ビジネス支援プラットフォームと南魚沼市地域産業支援プログラム(ICLOVE)」講演(説明者:国際大学、市職員)

南魚沼市、国際大学(市内教育機関)、地域金融機関が連携し、地域中小企業、起業家向けのグローバルビジネスなどの支援(ICLOVE)を実施しています。本講演では、国際大学が行う国際ビジネス支援やICLOVEについて説明・解説します。

  • 南魚沼市の地方資源事例2「南魚沼市の観光資源と情報発信の実践」講演(説明者:南魚沼市女子力観光プロモーションチーム)

地方創生のビジネス資源として地域の観光資源は重要な位置を占めますが、本講演では、女性視点から南魚沼市の観光資源について説明・解説します。

南魚沼市女子力観光プロモーションチーム

3.研修プログラム説明(説明者:日経BPクリーンテック研究所)

地方創生・地方発グローバルビジネスの源となる「地域資源」についての他事例について触れると共に、本研修で取り上げる以下の3つのケーススタディのテーマ、および研修プログラムの進め方について説明します。

  • テーマ1「南魚沼産品の首都圏ブランディング戦略」
  • テーマ2「南魚沼の地域資源を活用したグローバルビジネス戦略」
  • テーマ3「南魚沼市への移住・2拠点ライフ促進に向けたコンシェルジュ事業」

第2回「南魚沼市地方創生・グローカルビジネス塾」

日時

平成28年12月1日(木曜日)19時00分から21時00分(18時30分受付開始)

会場

日経BP社 4階会議室〔東京都港区白金1丁目17番3号 NBFプラチナタワー〕

  •  東京メトロ南北線・都営地下鉄三田線「白金高輪駅」4番出口と直結

会場までのアクセス(日経BP社ウェブサイト)

プログラム

ケーススタディ・テーマ「南魚沼産品の首都圏ブランディング戦略」
  • 昨今、首都圏ブランディング戦略のためには、地域の自然・伝統・食文化などがもつ消費者価値を包括的に情報発信することや、消費者と地域交流を積極的に図ることが求められています。
  • 本ケーススタディでは、南魚沼での首都圏ブランディングの試みの紹介、参加者間のクラス討議を通じて、今後取りうる地域産品の首都圏ブランディング戦略のアイデアについて提言を取りまとめるものとします。

第3回「南魚沼市地方創生・グローカルビジネス塾」

日時

平成28年12月2日(金曜日)19時00分から21時00分(18時30分受付開始)

会場

日経BP社 4階会議室〔東京都港区白金1丁目17番3号 NBFプラチナタワー〕

  •  東京メトロ南北線・都営地下鉄三田線「白金高輪駅」4番出口と直結

会場までのアクセス(日経BP社ウェブサイト)

 プログラム

ケーススタディ・テーマ「南魚沼の地域資源を活用したグローバルビジネス戦略」
  • インバウンド観光(海外旅行者の地方訪問など)・海外観光客の地方訪問をきっかけとして、地域資源を活用した新しい商品・サービスのバリューチェーン展開が、地方創生で話題となっています。
  • 参加者間のグラス討議を通じて、今後取りうる地域資源の商品・サービス開発、ブランディング戦略のあり方についてアイデア提言を取りまとめるものとします。

第4回「南魚沼市地方創生・グローカルビジネス塾」

日時

平成29年1月13日(金曜日)19時00分から21時00分(18時30分受付開始)

会場

日経BP社 4階会議室〔東京都港区白金1丁目17番3号 NBFプラチナタワー〕

  •  東京メトロ南北線・都営地下鉄三田線「白金高輪駅」4番出口と直結

会場までのアクセス(日経BP社ウェブサイト)

プログラム

「南魚沼市への移住・2拠点ライフ促進に向けたコンシェルジュ事業」
  • 地方創生施策として、中高年層の定住型移住、および、2拠点ライフ型(セカンドハウス)移住の促進が活発に推進されています。また、若者向けの移住促進施策も整備されてきています。
  • 本ケーススタディでは、中高年のセカンドライフ探索ニーズをとらえた移住促進事業(コンシェルジュ事業)をテーマとして取り上げます。
  • 南魚沼市での定住型移住、および2拠点ライフ移住促進の施策、中高年のセカンドライフ消費者ニーズ調査結果を研修で紹介すると共に、今後の移住促進アイデアについてクラス討議と提言取りまとめを行います。

アイデア提言については、現地交流会研修(於:南魚沼市)で地域関係者と討議を行う機会を設けます。これらは、地域関係者との交流を通じて、地域発のグローバルビジネス戦略の実際について、研修参加者の理解を深めることを狙いとしています。

第5回「南魚沼市地方創生・グローカルビジネス塾」(現地交流会、お試し居住)

日時

平成29年2月4日(土曜日)

会場

南魚沼市

  • 詳細が決まり次第、本ページやメール配信などでお知らせします。

プログラム

地方資源視察(予定)
  • 「魚沼の里」:八海醸造株式会社がプロデュースする地域発信型ブランディング戦略拠点
  • 「越後ワイナリー」:雪室を活用した雪国ワインのブランディング戦略拠点
地方創生ビジネス討論会
  • 国際大学キャンパス訪問:討論会プログラム
懇親会
  • 南魚沼市に既に移住し就業・起業している若者との交流・意見交換の場や国際大学留学生を含む地域関係者との交流会

(注意)現地までの交通費や懇親会費用などは参加者の自己負担です。

関連ページ

「グローバルITパーク南魚沼」構想について

南魚沼版CCRC

問合せ
総務部 U&Iときめき課 まちづくり係

〒949-6696 新潟県南魚沼市六日町180番地1
電話:025-773-6659
ファックス:025-772-3055

メールでの問合せはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。