北越雪譜体験講座 雪の民具&雪さらし 参加者募集

平成29年1月4日更新

『北越雪譜』の世界を体験してみよう

南魚沼市には、大昔から雪国ならではのいろいろな道具や遊び、技術があります。

今からおよそ200年前の江戸時代に鈴木牧之(すずきぼくし)によって書かれた『北越雪譜(ほくえつせっぷ)』には、そんな雪の道具や遊び、当時の人々がどのような暮らしをしていたか、たくさんのさし絵で紹介されています。

その中で、昔の雪かきの道具でする羽子板、ソリ引き、越後上布の雪さらしを現代に再現します。

江戸時代にタイムスリップして、雪の世界を体験してみましょう。

募集要項

北越雪譜体験講座募集要項 (PDF:985KB)

北越雪譜体験講座募集要項

雪さらしの写真

体験内容

『北越雪譜』の「児童、垂水(つらら)をソリに乗せ、大持の学をして遊ぶ図」、「駅中の正月積雪の図」、「雪中晒縮図」の3枚の挿し絵を参考に、江戸時代の遊びや技術を再現します。

  • 「雪中晒縮図」を見本に、越後上布の雪さらし体験
  • 「駅中の正月積雪の図」を見本に、コシキ(昔の木製のスコップ)で羽子板遊び
  • 「児童、垂水(つらら)をソリに乗せ、大持の学をして遊ぶ図」をモチーフに、昔の木でできたソリ引き
雪中晒縮図

「雪中晒縮図」

駅中の正月積雪の図

コシキで羽子板をしている絵

「駅中の正月積雪の図」

ソリの全図

児童つららをそりに乗せ大持の学をして遊ぶ図

「児童、垂水(つらら)をソリに乗せ、大持の学をして遊ぶ図」

「北越雪譜体験講座 雪の民具&雪さらし」概要

日時

平成29年3月4日(土曜日)10時45分~12時00分

受付は10時30分から開始します。

会場

受付・体験会場:塩沢中学校グラウンド〔住所 :南魚沼市中778番地1〕

(中学校へのお問合せはご遠慮ください)

体験料

無料

対象

南魚沼市内または湯沢町内在住の小学3~6年生、中学生

募集人数:20人(先着順)

申込期間

平成29年1月16日(月曜日)から2月23日(木曜日)

 申込方法

下記申込先に、電話・ファックス・メールで、お申し込みください。

ファックス・メールでの申込みは、イベント名・氏名(ふりがな)・学校名・学年・電話番号・住所を記載し、送付してください。

申込先

南魚沼市教育委員会 社会教育課 文化振興課係

電話:025-773-3756

ファックス番号:025-772-8161

メール:bunka@city.minamiuonuma.lg.jp

申込用紙

ファックス・メールで申込む場合は、下記申込書をご利用ください。

北越雪譜体験講座参加申込書(PDF形式) (PDF:114KB)

北越雪譜体験講座参加申込書(Word形式) (WORD:43.5KB)

地図情報

関連ページ

越後上布

問合せ
教育委員会 社会教育課 文化振興係

〒949-6680 新潟県南魚沼市六日町865番地
電話:025-773-3756
ファックス:025-772-8161

メールでのお問合せはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。