児童虐待に関する相談

掲載日:平成24年7月1日更新

児童虐待とは

児童虐待とは、養育者(保護者など)が子どもに対して、身体的、精神的に危害を加えたり、適切な養育を行わない行為のことをいいます。

具体的には以下のような行為をいいます。

  • 身体的虐待
    殴る。蹴る。投げ落とす。激しく揺さぶる。戸外に閉め出すなど
  • 性的虐待
    性行為の強要。性行為を見せるなど
  • ネグレクト(育児放棄)
    子どもにとって必要な情緒的欲求に応えていない(愛情遮断など)
    食事、衣服、住宅などが極端に不適切で、健康状態を損なうほどの無関心。怠慢
    重大な病気やケガをしていても受診させないなど
  • 心理的虐待
    言葉による脅し。無視をする
    きょうだい間での差別
    子どものいる前で配偶者に暴力を振るうなど

相談先

  • 南魚沼市福祉保健部子育て支援課電話番号 025-773-6822
  • 新潟県南魚沼児童相談所電話番号 025-770-2400
  • 児童相談所全国共通ダイヤル電話番号 189
  • DV・児童虐待フリーダイヤル電話番号 0120-26-2928

「児童虐待の防止に関する法律」では、児童虐待が疑われる場合の通告を国民の義務としています。また、通告に関する秘密も守られています。

相談を受けたら、さまざまな関係機関が連携しながら問題の解決にあたります。

子どもが現在暴力を受けているなど、深刻な状態にあるときは、警察(110番)にご連絡ください。

問合せ
福祉保健部 子育て支援課 こども家庭支援班

〒949-6696 新潟県南魚沼市六日町180番地1
電話:025-773-6822
ファックス:025-773-6724

メールでのお問合せはこちら