平成25年7月8日から、外国人住民も住基ネットの運用が開始されます

掲載日:平成25年6月22日更新

日本人住民が対象となっていた「住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)」について、平成25年7月8日から、外国人住民も対象となります。

住民票コードをお知らせします

住基ネットの運用開始に伴い、外国人住民の住民票に「住民票コード」(住基ネットで本人確認に必要な11桁の番号)が記録されます。

また、住民票コードをお知らせするため、外国人住民に「住民票コード通知票」を送付します。

  • 住民票コード通知票が届いたことによる手続の必要はありません。大切に保管してください。
  • 7月8日以降、7月8日時点で南魚沼市の住民基本台帳に記録されている外国人住民(転出予定年月日が7月8日以降の転出届をされた方は除く)に「住民票コード通知票」を送付します。
  • 世帯単位で送付します。

7月8日から次のことができるようになります

広域交付住民票

お住まいの市区町村以外でも、住民票の写しの交付を受けることができるようになります。

各市区町村の窓口での取り扱いはそれぞれ異なりますので、あらかじめ請求される市区町村にお問い合わせください。

住民基本台帳カード

住民基本台帳カード(住基カード)の交付を受けることができるようになります。

交付手数料は1件500円です。

公的個人認証サービス

住基カードを受けると公的個人認証サービスを受ける際の電子証明書を、住基カードのICチップ内に記録することができます(住基カードの交付手数料とは別に、手数料1件500円が必要です)。

住民基本台帳カード

住基ネットについて

  • 住基ネットとは、全国の市区町村と都道府県を専用回線で結び、市区町村の区域を越えた住民基本台帳に関する事務処理や、国の行政機関で本人確認を行なうためのネットワークシステムです。
  • 住基ネットで利用される本人確認のための情報は、住民基本台帳法により「氏名(通称が記録されている方は氏名及び通称)・生年月日・性別・住所及び住民票コードとこれらの変更情報」に限定されています。

住民基本台帳ネットワーク

関連リンク

総務省ウェブサイト:外国人住民に係る住民基本台帳制度について

問合せ
市民生活部 市民課 市民係

〒949-6696 新潟県南魚沼市六日町180番地1
電話:025-773-6661
ファックス:025-773-2110

メールでのお問合せはこちら