転入

更新日:2017(H29)年7月21日

市外から市内に引っ越した時

届出人

原則、本人か世帯主です。代理人に委任することもできます。その際は委任状をお持ちください。

届出期間

住み始めた日から14日以内(引っ越し前は届出できません)

届出に必要なもの

  • 本人確認ができるもの【運転免許証、マイナンバー(個人番号)カード、写真付住基(住民基本台帳)カード、保険証と診察券など】
  • 前住所地の市区町村で発行された転出証明書 【転入届の特例適用は、有効なマイナンバーカード・住民基本台帳カード(住基カード)と暗証番号が必要です、転出証明書は省略されます】
  • 外国の人は、在留カードか特別永住者証明書
  • 国外から転入した人は、パスポートと戸籍謄本(全部事項証明書)、戸籍の附票
    注意:南魚沼市に本籍がある人は、戸籍謄本と附票は不要です
  • 母子手帳(18歳以下の子どもがいる場合)
  • マイナンバー通知カード
  • マイナンバーカード(作成した人のみ)

受付の窓口と時間

  • 本庁舎(総合窓口)、大和・塩沢市民センター
  • 8時30分~17時15分(土日・祝日・休日・年末年始を除く)

その他

次に該当する人は担当課にお問い合わせください。

  • 児童手当、児童扶養手当、市単・県単医療を受給している人、母子手帳をお持ちの人は、子育て支援課
  • 後期高齢者医療保険の加入者は、市民課(国保年金係)
  • 介護保険の要介護認定を受けている人は、 介護保険課
  • 障害者手帳をお持ちの人は、福祉課
  • 小・中学生の子どものいる人は、転校予定の学校

転入届の特例適用の転入届の内容

  1. 転入届の特例とは?
    マイナンバーカード・住基カードをお持ちの人とその人を含む世帯員が、前住所地で転入届の特例による(カードを使った)転出届をされた場合は、転出情報が住基ネットを使い転入予定地に送信されています。カードを窓口に提出することで転入の手続きができます。(転出証明書は省略されます)
  2. 「転入届の特例による」転入届ができる人
    ・マイナンバーカード・住基カードをお持ちの人
    ・マイナンバーカード・住基カードをお持ちの人と同一世帯の人
  3. 届出期間
    住み始めた日から14日以内(引っ越し前の届出はできません)
  4. 必要なもの
    ・マイナンバーカード・住基カード(暗証番号の入力が必要です)
    ・本人確認書類(運転免許証、保険証と診察券など)
    住所変更のほかに、児童手当、国民年金、医療費助成、介護保険、転校などの手続きがある人は、上記のほかに必要なものを、担当課に問い合わせてください。
  5. 届出時にマイナンバーカード・住基カードと暗証番号入力により、カードの継続処理をします。代理人の届出で暗証番号が入力できない場合は、後日カードをお持ちの本人からカード継続の手続きが必要になります。(転入後90日以内)

住民基本台帳カード

通知カード・マイナンバーカード

問合せ
市民生活部 市民課 市民係

〒949-6696 新潟県南魚沼市六日町180番地1
電話:025-773-6661
ファックス:025-773-2110

メールでのお問合せはこちら