南魚沼市のパブリックコメント制度

掲載日:平成23年4月1日更新

概要

南魚沼市は、市民の市政に対する理解と信頼を深めるため、政策決定プロセスにおける市政情報をさらに積極的に提供していくべきものと考えています。このため、市民に対する説明責任を果たすとともに、市民の市政に対する意見または提案の機会の確保および政策決定プロセスへの市民参加を推進する出発点として、パブリックコメント制度を導入しています。

制度のあらまし

市民の皆さまの市政に対する意見・提案機会を確保するとともに、政策決定プロセスへの市民参加を推進するため、長期計画やその他の施策に関する計画、指針の策定または改定について、形成過程の案を公表し、市民の皆さまからの意見を求めるものです。

制度の目的

この制度を導入することで、意見募集についての統一的なルールを確立し、行政運営の公正の確保や透明性の向上を図るとともに、市民の皆さまの市政への参加機会の拡充を図り、「公平公正で開かれた市政」を実現していきます。

制度の対象

長期計画、その他の施策に関する計画、指針等の策定・改定など

南魚沼市の策定する計画すべてに適用されるわけではありません。緊急を要するもの、軽微なもの、裁量の余地がないもの、附属機関などに意見を求めるなど、パブリックコメントに準じた方法がとられた場合は、この制度の対象とならないことがあります。

パブリックコメント実施の流れ

1.計画等(答申)の中間(素)案の作成

  • 長期計画その他の市の重要な基本計画、指針等の策定または改定など

2.パブリックコメント実施の予告(半月前)

  • 「市報みなみ魚沼」などへの掲載
  • 「南魚沼市公式ウェブサイト」への掲載
  • 報道機関への資料情報提供など

3.計画等(答申)の案および関連資料の公表・市民意見の募集

  • 担当課窓口などでの閲覧または配布
  • 市公式ウェブサイトへの掲載
    【注意】事案ごとに公表手段が異なる場合があります。

4.市民の意見提出(期間:1か月程度)

  • 文書による意見の提出(郵便、ファックス番号、電子メール、直接持参)
    提出先は担当課になります。

5.実施結果の公表

  • 提出された意見の概要
  • 意見に対する実施主体の考え方(意見を採り入れて案を修正、採り入れない理由など)

【公表の方法】

  • 担当課窓口などでの閲覧または配布
  • 市公式ウェブサイトへの掲載

6.提出された意見を考慮して計画等、規制または答申を確定

7.計画等、規制または答申の確定版の公表

(参考)「パブリック・コメント」とは

市が計画や条例などを策定するときに、その内容を案の段階で市民の皆さんに公表し、その案に対するご意見,ご要望などを募集し,寄せられたご意見,ご要望などを考慮しながら最終案を決定するとともに,寄せられたご意見,ご要望などに対する市の考え方もあわせて公表していく一連の制度(手続き)をいいます。 この制度は、欧米では広く実施されています。

日本では、「規制の設定または改廃に係る意見提出手続」(平成11年3月23日閣議決定)に基づき、規制を伴う案件の制定や改変の際に、国民の意見や情報を吸収する場を設けることを義務付ける手続きとして平成11年4月に各省庁に取り入れられ、行政手続法導入によって、一般的に制度化されました。近年多くの自治体においても制度化されています。

問合せ
総務部 秘書広報課 秘書広報班(広報担当)

〒949-6696 新潟県南魚沼市六日町180番地1
電話:025-773-6658
ファックス:025-772-3055

メールでのお問合せはこちら