中ノ岳

中ノ岳は三山の中央の山。標高2,085メートルと三山中最も高く、半月状のなだらかな山頂から「お月山」とも呼ばれ、古くから八海山、駒ヶ岳、兎岳を経てくる縦走路として利用され、十字峡から登るコースが唯一のコースです。頂上には40人~50人収容の鉄骨造りの避難小屋があります。

中ノ岳

山の概要

標高

2,085メートル

位置

南魚沼市野中

交通

  • 六日町駅からバスで約40分(野中行・終点野中下車)、そこから登山口(十字峡登山センター)まで徒歩約2時間
  • 六日町インターチェンジから十字峡登山センターまで車で約40分

所要時間

十字峡登山センターから山頂まで約8時間

山開き

毎年6月最終日曜日

避難小屋

あり(約50人収容・トイレ付)

※山頂近くにあります

水場

避難小屋に天水ポリタンクあり。(降水量によってはない場合があるので注意)

トイレ

あり(十字峡登山センター)

駐車場

あり(十字峡登山センター)

問合せ

電話:025-773-6665 〔南魚沼市役所 商工観光課〕

地図情報