西山三十三番 観音巡りコース

今から約250年前、毘沙門堂普光寺住職が西国三十三番の霊場より土を持ち帰り、一番・紀伊の国の那智山から三十三番・美濃の谷汲山に至るまでの、三十三番観音を毘沙門堂裏山に祀り、西国の霊場を再現したことを始まりとします。
観音巡りは、普光寺の周囲約3キロメートルを散策するコースとなっています。所要時間は約2時間です。

西山三十三番 観音巡りコース

施設概要

住所

南魚沼市浦佐

交通

浦佐駅から徒歩5分、大和スマートICから5分

トイレ

有り

駐車場

普通車20台、大型車3台

地図情報