直江兼続公伝世館

坂戸山の麓にある銭淵公園内にある、直江兼続の生家をイメージした資料館です。建物は、南魚沼市内に現存していた古民家を移築しました。甲冑や槍をはじめ、当時の暮らしぶりをうかがい知ることができる家財や文書などが展示されています。
見所は慶長5年(1600)、会津上杉家の軍備増強を恐れた徳川家康の詰問に対し、兼続が家康に送りつけた「直江状(レプリカ)」です。この書状は、兼続の断固たる気骨、不屈の精神が絶賛され、後に多く複書され世に広く知られるようになりました。
さらに、上杉謙信の養子となるため景勝が春日山城へ入る際、上田長尾家臣団より選ばれた精鋭「上田五十騎」の甲冑を再現したレプリカも見事です。景勝・兼続と苦楽をともにし、上杉軍の中で最強と称えられた上田長尾家臣団の気概が伝わってきます。
伝世館の近くには、坂戸城跡があります。戦国時代の面影が感じられる散策コースとしておすすめです。

直江兼続公伝世館

施設概要

住所

南魚沼市坂戸393-2

交通

六日町駅から徒歩20分、六日町ICから車で10分

入場料

一般:300円、団体(20名以上)250円
小中高生:150円、団体(20名以上)100円

障がい者手帳をお持ちの方は50円引き

開館時間、期間

9時30分~16時30分、

12月のみ午後1時30分~4時30分

12月は土曜日と日曜日のみ営業で第3土曜日まで。

休館日

毎週木曜日(祝日等の場合は翌日)

冬期間は、12月第3日曜日~3月まで休館

問合せ

電話:025-773-6665 (南魚沼市商工観光課)

地図情報