天昌寺

延徳2年(1490)、雲洞庵七世禅実和尚を招き、曹洞宗寺院として開創しました。それ以前は「聖観音像」を本尊とし、数百年の間、密教の寺庵があり、実際庵と称していたようです。十二番霊場として、ますます観音信仰が広まったのは、寛元年間頃(1243~)北条時頼により越後観音礼所に定めらたことによると伝えられています。天昌寺は『北越雪譜「寺のなだれ」』の舞台にもなっています。

天昌寺

施設概要

住所

南魚沼市思川39

交通

塩沢駅から車で5分、塩沢石打ICから車で15分、六日町ICから車で10分

時間

9時~17時

トイレ

有り

駐車場

有り

※観音堂は12月~3月見学不可。見学は事前に要予約。

問合せ

電話:025-782-0147

地図情報