普光寺・毘沙門堂

大同2年(807)、この地を訪れた坂上田村麻呂が創建し、国の安泰を祈願したと伝えられる毘沙門堂。山門楼下天井には谷文晁「八方ニラミの龍」双龍図板絵、山門二階には毘沙門天二十八使者像、天女の舞絵姿、釈迦出山の図、十六羅漢図があります。
普光寺は延宝8年(1680)に建立され、江戸期には7つの塔頭がある大伽藍でした。
毘沙門堂とは回廊でつながっています。毘沙門堂は昭和6年4月、室町前期の建築とされる至宝が炎上しました。現在の御堂は、その後5年の歳月をかけ再建されたものです。

毘沙門堂・普光寺

施設概要

住所

南魚沼市浦佐2495

交通

浦佐駅から徒歩5分、大和スマートICから5分

時間

9時~16時30分

拝観料

内陣参拝および寺宝館:300円

※ 15名様以上250円

トイレ

有り

駐車場

普通車20台、大型車3台

ガイド

  • 南魚沼市観光ガイドの会3日前までに要予約(有料・P30参照)
  • 寺ガイド 対応できない場合もあり。事前問合せ(無料)

問合せ

電話:025-777-2001

地図情報