鈴木牧之記念館

鈴木牧之は明和7年(1770)塩沢の商家に生まれ、勤勉に家業を励む商売人でした。父親の影響で、俳諧、書画、文筆も行い、世に出る名著『北越雪譜』をのこしました。
『北越雪譜』は、40年という歳月をかけ雪国の暮らしを伝えるために、越後の雪や風俗をつづって著され、発売後は江戸でベストセラーとなるほど大評判となった書物です。
館内には『北越雪譜』の初版本をはじめ、牧之の遺墨や牧之が京伝や馬琴、一九など一流の江戸の文人と交流したことを物語る資料も展示されています。また、牧之のもう一つの代表作・秋山郷を紹介した「秋山記行」のコーナーも人気です。
他に、ユネスコ無形文化遺産に登録された越後上布の製作工程の道具展示や、雪崩博士などの雪に関連する展示もあり、雪国越後を楽しんでいただけます。
鈴木牧之記念館の遺墨品は『北越雪譜』の出版までの江戸の文人とのやり取りが分かる書簡集など県指定文化財が5種、市指定文化財が35種と市内の文化財では多く指定され、牧之資料の貴重さがうかがえます。

鈴木牧之記念館

施設概要

住所

南魚沼市塩沢1112-2

交通

塩沢駅から徒歩10分、六日町ICから車で10分

入館料

大人:500円、団体(20名以上)400円
小・中・高校生:250円、団体(20名以上)200円

時間

9時~16時30分

休館日

毎週火曜日(祝日の場合は翌日)年末年始、冬期休館1月4日~中旬

トイレ・お土産屋

有り

駐車場

大型車可能

ガイド

館内ガイドあり

※ 対応できない場合もあるので事前問合せ推奨(無料)

問合せ

電話:025-782-9860

地図情報

関連ページ

鈴木牧之記念館ホームページ