ひきこもりの相談

ひきこもりは、誰にでも起こりえます。特別なことでも恥ずかしいことでもありません。ひきこもりの状態にある場合、生きていくことに悩んでいるなど、心の問題を抱えていることもあります。悩みや苦しみを抱え込む前に、保健師などに相談してください。

ひきこもりに関する相談をお受けする中で、年代や課題により専門の関係機関と連携する必要があります。

8050問題などは親の課題でもありますので、お近くの「地域包括支援センター」が相談しやすい場合はそちらへお気軽にご相談ください。

39歳以下の場合は「子ども・若者育成支援センター」と連携していきます。子ども・若者育成支援センターが相談しやすい場合はそちらへお気軽にご相談ください。

ひとりひとり、異なる問題がありますので、専門の関係機関などと連携し対応いたします。

また、相談できる機関として「くらしのサポートセンターみなみ」があります。南魚沼市社会福祉協議会に委託した生活困窮者自立支援事業として、家計・生活再建・就労・学習のことなど市と連携し包括的に自立に向けた相談をしていきます。

まず身近な人が、相談したり視野を広げることで解決に向かうことがあります。相談者のタイミングで相談してください。誰にも言えない悩みこそ誰かの助けが必要です。

相談窓口

相談窓口
相談できる機関 電話番号
保健課 025-773-6811
南魚沼市地域包括支援センター 025-773-6675
大和地域包括支援センター 025-788-0106
塩沢地域包括支援センター 025-782-0252
福祉課 025-773-6667
子ども・若者育成支援センター 025-773-6611
くらしのサポートセンターみなみ(南魚沼社会福祉協議会) 025-773-6919

 

くらしのサポートセンターみなみ(南魚沼市社会福祉協議会)

問合せ
福祉保健部 保健課 保健業務班

〒949-6696 新潟県南魚沼市六日町180番地1
電話:025-773-6811
ファックス:025-773-6839

お問合せ