介護サービス利用の流れ

掲載日:平成25年3月1日更新

要介護と認定されたら

要介護(1~5)と認定されると、介護サービスを利用できます。

その際に利用するサービスの内容を具体的にまとめた「介護サービス計画(ケアプラン)」を作ることが必要です。ケアプランの作成は全額が保険給付となり、利用者負担はありません。

1. 介護サービス計画の作成を依頼

居宅介護支援事業者の介護支援専門員(ケアマネジャー)に、被保険者証を添えてケアプランの作成を申し込みます。

2. ケアプランの作成

ケアマネジャーが本人や家族と話し合いながら、ケアプランを作成します。いつ、どのようなサービスを利用したいのかをケアマネジャーに伝えましょう。

3. サービス事業者との契約

ケアマネジャーからケアプランの説明を受けたら、介護サービスを行う事業者と契約します。これで介護サービスが利用できます。

居宅介護支援事業者の連絡先

ケアプランを作成する居宅介護支援事業者の所在地、電話番号を掲載しています。下記リンク「市内の介護保険サービス事業者」のページをご覧ください。

ケアプランは自己作成できます

ケアプランは本人や家族が作成することもできます。ケアプランの自己作成は市に届出が必要になりますので、希望する方は介護保険課介護保険係にご相談ください。また、地域包括支援センターが作成手順を説明し、自己作成を支援します。

関連ページ

介護サービス事業所のご案内

地域包括支援センター

問合せ
福祉保健部 介護保険課 介護保険係

〒949-6696 新潟県南魚沼市六日町180番地1
電話:025-773-6675
ファックス:025-773-6723

お問合せ