認知症高齢者等見守りシール

認知症高齢者等見守りシールの交付を行っています

認知症などによって行方不明になる可能性のある高齢者を早期発見、保護することを目的とした「見守りシール」を交付しています。

見守りシールに印刷されているQRコードをスマートフォンなどで読み取ることで、インターネット上の伝言板(どこシル伝言板)にアクセスすることができます。

伝言板では、家族や介護者が事前に登録した注意事項などの情報を参照したり、伝言板を介して家族等とやり取りを行ったりすることができるようになっています。

見守りシール見本

縦2.5センチメートル、横5センチメートルで、市章・QRコード・登録番号が印刷されています。

注意:このQRコードを読み取ると発見時の流れについての動画が再生されます。

どこシル見本

高齢者の衣服や持ち物(杖やバッグ)に貼り付けて使用します。

どこシル例1 どこシル例2

早期発見・保護の仕組み

どこシル流れ

発見者がQRコードを読み取ると伝言板が表示され、現在の居場所などを入力すると家族などの保護者あてにメールが自動送信されます。

発見者と保護者が伝言板上で直接やり取りできるため、保護者はいつでも素早く迎えに行くことができます。

発見者と保護者は匿名でやり取りを行うため、自分の住所や電話番号などの個人情報を知らせる必要はありません。

見守りシールの交付を希望する場合は

対象

市内に住所がある在宅の高齢者で、認知症などによって行方不明になるおそれのある人

費用

無料

申請

利用を希望する人は、最寄りの地域包括支援センターまたは担当のケアマネジャーに相談してください。

配布枚数

耐洗ラベル20枚、蓄光シール10枚の計30枚

市民のみなさんへのお願い

見守りシールを衣服や持ち物などに貼った人を見かけたら、次の対応をお願いします。

  1. 正面から優しく声をかけ、困っていないか確認してください。
  2. QRコードをスマートフォンなどで読み取ってください。読み取ると、家族に発見通知が届きます。QRコードの読み取りができないときは地域包括支援センターへ連絡し、シールに印刷されている登録番号を伝えてください。
  3. 画面の表示に従って、発見場所や現在の居場所などの情報を入力してください。
  4. 伝言板を介して、家族と情報交換を行ってください。
  5. できる限りお迎えが来るまで付き添っていただくか、必要に応じて近くの交番まで連れて行ってください。

みなさんの協力が必要です。

チラシ (PDF:1.9MB)

ポスター (PDF:1.4MB)

お問い合わせ

南魚沼市地域包括支援センター(介護保険課)

電話:025-773-6675

大和地域包括支援センター

電話:025-788-0106

塩沢地域包括支援センター

電話:025-782-0252

問合せ
福祉保健部 介護保険課 包括支援班

〒949-6696 新潟県南魚沼市六日町180番地1
電話:025-773-6675
ファックス:025-773-6723

お問合せ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。