緊急事態宣言解除に伴う対応について(5月27日更新)

掲載日:令和2年5月27日更新

政府による5月25日の緊急事態宣言の解除をもって、緊急事態宣言の対象区域から南魚沼市へ来市した方に要請しておりました「2週間の自宅や宿泊施設などでの待機」は解除となります。これに伴い、南魚沼市で実施している「緊急一時待機支援」については、受け入れを終了いたしました。

県からは、引き続き5月31日までの間、都道府県をまたぐ不要不急の移動は避けるよう呼びかけられておりますが、事業活動は再開しなければなりません。事業活動において必要な往来につきましては、業種ごとに策定される「感染拡大予防ガイドライン」などに基づく感染防止対策を徹底したうえで、各事業者において適切な判断をしていただく形となります。細心の注意を払って、徐々に事業活動の再開をお願いします。

なお、「南魚沼市新型コロナウイルス感染症対策本部」は、新型インフルエンザ等特別措置法に基づかない任意の市町村対策本部として、設置を継続します。

また、国の「特別定額給付金」の申請状況については、下記のリンクでご確認ください。まだ、申請をされていない方については、市民の皆さまからも声かけにご協力をお願いします。

特別定額給付金(1人につき10万)事業

南魚沼市緊急一時待機支援について

5月25日の緊急事態宣言解除をもって、受け入れを終了いたしました。

 

予定している第2弾市独自経済支援策について(5月20日市長メッセージ)

掲載日:令和2年5月20日更新

市民の皆さまへの重要なお知らせとお願い (5月20日市長メッセージ)

南魚沼市長の林茂男です。本日は、私より市民の皆さまへ2つの重要なお知らせとお願いを申し上げます。

重要なお知らせの1点目です。

政府は5月14日に緊急事態宣言の対象地域から、本県を含む39県を解除し、段階的に経済活動を再開させる方針を示しました。新潟県知事は、この宣言解除を受け、休業要請の解除、「新しい生活様式」の実践、県をまたぐ往来の自粛や「3密」が懸念される施設の利用自粛などについて呼びかけました。

これらを受け、南魚沼市では文化施設、スポーツ施設、道の駅などの市の施設について、明日、5月21日(木曜日)以降、順次利用を再開することといたしました。「感染拡大予防ガイドライン」に基づく、受入体制の準備に要する時間が異なるため、施設によって再開時期がまちまちになりますが、6月1日(月曜日)以降は、全ての施設が利用できるようになる予定です。それぞれの施設の再開日については、ご覧の市公式ウェブサイトでご確認ください。

市内公共施設の再開

 

重要なお知らせの2点目です。

第2弾となる南魚沼市の「独自経済支援策」について発表いたします。4月24日の市長メッセージで発表した「第1弾の独自経済支援」については、既に実施中でありますが、この度の空前の状況から、市では、総額で5億円を超える規模の「第2弾の独自経済支援策」を打ち出すことといたします。

南魚沼市議会の皆さんからは、「南魚沼市議会新型コロナウイルス感染症対策連絡会議」を立ち上げ、市長に対して積極的な対策を講じるよう要望がなされました。数回にわたり議員の皆さんと協議を行うなかで、一定のご理解を得るに至りました。これから説明させていただく支援策の内容は、6月1日から始まる市議会定例会に一般会計補正予算として上程する予定のものです。議会の議決後は、「正式発表」を行い、直ちに実施してまいります。市民の皆さまには、あらかじめどのような支援を考えているのかについて、お知らせいたします。詳細につきましては、6月1日の議決後にお知らせいたしますのでよろしくお願いします。第1弾に続き、第2弾の支援では、7つの支援メニューを用意します。

まず、市内の法人事業者、個人の方に対する支援です。

1.事業者への固定費の支援を行います(330,000千円)

収益が20パーセント以上減少した市内の全ての事業者を対象として、固定費(家賃・光熱水費、リース料)などを支援します。

  1. 減収率50パーセント以上(国の持続化給付金のみの受給者)…30万円(ただし、市の継続化給付金受給者は10万円)
  2. 減収率20パーセント以上50パーセント未満(南魚沼市事業継続給付金受給者)…10万円
  3. 1.2に該当しない開業後3か月以上の事業者…10万円
  4. 上記に該当しない場合で、市長が特に必要と認める事業者…10万円

 

次に全市民を対象とした生活支援です。

2.水道料金の基本料を減額します(81,000千円)

水道料金基本料を6月利用分から3か月間、半額に減額します。

3.住宅リフォーム補助金の追加募集を行います(20,000千円)

春に募集した住宅リフォーム補助金の追加募集を行います。

(要件は春と同様)

4.児童就学援助世帯への支援を行います(4,500千円)

第1弾の児童扶養手当と特別児童扶養手当への上乗せ給付に加えて、就学援助を受けている世帯に1万円を支給します。

 

次に、雇用を守るための支援です。

5.会計年度任用職員、いわゆる「臨時職員」としての緊急雇用を行います(54,000千円)

新型コロナウイルス感染症拡大により解雇された方、就職が困難となった方の一時的な就業を支援し、正規就職への足掛かりとして市の会計年度任用職員(パートタイム)の採用を拡大します。具体的には、学校事務の補助、学校校務員の補助、学校図書の整理業務などで、30人程度を予定しています。

6.市内企業の皆さんの新規採用に対する補助を行います(15,000千円)

本年度の就職が困難となった新卒者(卒業後3年間)を対象として、新規採用者1人につき30万円を補助します。例えばですが、ふるさとから離れている当市出身の子どもたちも大勢います。今ほど説明しました5番、6番の支援については、彼らの困っている状況があれば、ひとまず、ふるさとに帰り、状況を立て直すためのエールともなると考えています。

 

そして、テレワークやテレビ会議などに関する支援です。

7.市のWi-Fi環境スペースを市民に提供します(予算計上なし)

市の「グローバルITパーク」の空きブースについて、Wi-Fi環境を利用した就職相談やテレビ会議などで一般に開放できるスペースとして、市内企業の皆さんなどに提供します。また、利用の需要度を見た中で、必要に応じて、さらに利用いただく場を増やすなど環境整備を拡充します。

 

内容については以上となります。

南魚沼市では、この冬の異常少雪による経済打撃から始まり、さらにそれに続く、この新型コロナウイルス感染症の影響を受けている状況です。

市民の命と暮らしを守るために、異常少雪対策に続き、新型コロナウイルス感染症の第1弾の経済支援として総額3億円、そしてただいま発表した、第2弾の経済支援などで総額5億円、合計で約8億円の対策をしています。一日も早い終息を心から願っているところであります。

また、国の「特別定額給付金」につきましては、郵送申請分の申請書を本日までにすべて郵便局に持ち込みました。明日以降、各家庭に順次届けられるものと思います。これで南魚沼市、約20,000世帯、全てが申請できる状態となりました。

新型コロナウイルス感染症との闘いは、長期間にわたることが予想されます。しかし、一方で経済活動も徐々に再開しなければなりません。これらに同時に対応していくため、市民の皆さまには、日常生活の各場面において3密を避けるなどの「新しい生活様式」の実践をお願いし、徐々に日常を取り戻していただくようお願いします。

まずは命を、そしてこれからは段階的な地域経済再開へと舵を切り、新たな一歩を踏み出します。市民の皆さまには、引き続き特段のご理解をいただきますようお願い申し上げます。

令和2年5月20日

南魚沼市長 林 茂男

新しい生活様式(PDF:1MB)

南魚沼市民病院で電話再診による処方箋の発行を開始(5月8日更新)

南魚沼市民病院では、5月8日(金曜日)から、電話再診による処方箋の発行を開始しました。新型コロナウイルス感染症の感染防止と南魚沼市の医療崩壊を防ぐための措置です。

南魚沼市民病院の内科・外科に、慢性疾患などで予約受診されている患者さまで、主治医が電話での処方が可能と判断した方が対象となります。なお、精神科を受診の方は、南魚沼市民病院にお問い合わせください。(電話025-788-1222)

受付時間は、休診日を除く月曜日から金曜日の午後2時から午後4時までです。詳しくは、南魚沼市民病院のウェブサイトをご覧ください。

南魚沼市民病院ウェブサイト:電話再診による処方箋の交付について(外部リンク)

過去の市長メッセージ

令和2年5月15日市長メッセージ(緊急事態宣言解除に伴う市の対応について)(PDF:297.1KB)

令和2年5月8日市長メッセージ(国の「特別定額給付金」に関係した詐欺防止について)(PDF:107.1KB)

令和2年5月6日市長メッセージ(緊急事態宣言延長に伴う市の対応について)(PDF:347.6KB)

南魚沼市長メッセージ【令和2年5月6日】(YouTube動画)

令和2年5月5日市長メッセージ(特別定額給付金について)(PDF:278.3KB)

令和2年5月1日市長メッセージ(大型連休についての特別のお願い)(PDF:439.3KB)

令和2年4月24日市長メッセージ(市独自支援策などについて)(PDF:755.6KB)

南魚沼市長メッセージ【令和2年4月24日】(YouTube動画)

令和2年4月22日市長メッセージ(春の一斉清掃 実施の判断について)(PDF:85.2KB)

令和2年4月18日市長メッセージ(緊急事態宣言の対象区域拡大伴う特段のお願い)(PDF:335.3KB)

南魚沼市長メッセージ【令和2年4月18日】(YouTube動画)

令和2年4月17日市長メッセージ(緊急事態宣言の対象区域拡大について)(PDF:325.7KB)

令和2年4月10日市長メッセージ(緊急事態宣言発令に伴う対策とお願い)(PDF:630.7KB)

令和2年4月8日市長メッセージ(緊急事態宣言発令に伴うお知らせとお願い)(PDF:304.2KB)

困りごと・心配ごと相談窓口

  • 自分自身・家族の健康に関すること:電話番号 025-773-6811(保健課)
  • 自分自身・家族の生活に関すること:電話番号 025-773-6667(福祉課)
  • 市内事業者の支援に関すること:電話番号 025-773-6665(商工観光課)

新型コロナウイルス感染症対策本部に移行しました(4月7日午後4時)

4月7日(火曜日)、政府は対象の7都府県に向けて緊急事態を宣言しました。これを受けて、市では2月28日に設置した「新型コロナウイルス感染症警戒本部」を、4月7日(火曜日)午後4時に「新型コロナウイルス感染症対策本部」に移行しました。引き続き、新型コロナウイルス感染症に対するさまざまな対策に取り組んでいきます。

市からの情報発信

市からの緊急情報などについては、市報などの紙媒体では情報発信までに時間を要するため、市民のみなさんに素早く情報を提供できるよう、市ウェブサイトや市公式フェイスブックを中心に発信しています。市ウェブサイトなどから情報を得ることのできない人には、地域のみなさんから情報提供していただくよう、ご協力をお願いします。

新型コロナウイルス感染症に関する総合情報

市独自の経済支援策、事業者向け・個人向け支援策、市内の検査結果、学校に関する情報、イベントの中止・施設の休止に関する情報、外国人向けの相談窓口、配達、持ち帰り可能な飲食店の情報などについては、『新型コロナウイルス感染症に関する総合情報』のページをご覧ください。

総合情報

関連ページ

南魚沼市民病院における新型コロナウイルス感染症に関する対応について(南魚沼市民病院)

新型コロナウイルス感染症について(新潟県)

問合せ
総務部 秘書広報課 秘書広報班(広報担当)

〒949-6696 新潟県南魚沼市六日町180番地1
電話:025-773-6658
ファックス:025-772-3055

お問合せ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。