第3弾 南魚沼市独自の経済支援策(6月19日市長メッセージ)

掲載日:令和2年6月19日更新

第3弾 南魚沼市独自の経済支援策について(6月19日市長メッセージ)

本日6月19日、東京都など5都道県を含めた全国すべての地域について移動制限が解除されました。約4か月に及ぶ日本国民全員の戦いが功を奏し、ようやく、元の日常を取り戻せる段階に到達しました。まさに、日本人の底力を見た思いです。市民の皆さまはもとより、当市においでいただくことを自粛していただいた方々も含め、ご協力いただいた成果であります。心から感謝申し上げます。

しかし、この間、市民生活、市内経済は深刻な打撃を受けました。特に、飲食業、宿泊業の方々は、経営の継続が困難になるほどに収入が大きく減少してしまいました。

南魚沼市では、市内の飲食業、宿泊業を強力に支援するため、第3弾となる市独自の経済支援策を打ち出します。

市民向けプレミアム付き飲食・宿泊券2億円分の発行(予算額1億1,000万円)

これまでにない高いプレミアム率の飲食・宿泊券を販売いたします。これは、プレミアム率100パーセント、わかりやすく言えば、1万円で2万円分使えるチケットという意味です。総額2億円分のチケットを販売し、皆さんからご利用いただくことで、市内経済を回復・活性化したいものです。これに必要な予算を、本日、南魚沼市議会の臨時会において議決いただきました。

このチケットは、500円券10枚を1冊にしたもので、1冊で5,000円分利用できます。これを1冊2,500円で販売します。

市内の飲食店、ホテル、旅館でお使いいただけますし、タクシーや運転代行の料金にも使えます。

販売開始を7月4日(土曜日)とし、その日からご利用いただけます。

販売場所は、市内のJAみなみ魚沼の12支店と、市内に3か所ある観光案内所です。JAの各支店は、平日のみの販売となります。

購入は南魚沼市民に限定させていただきますので、お買い求めの際は、免許証など、市民であることを証明するものをご提示ください。

広く、公平にお買い求めいただくために、1人1回あたり10冊までの購入とさせていただきます。

 

この経済支援策とあわせ、南魚沼市スタイルの安全・安心認証制度を開始します。新型コロナウイルス感染症対策をしっかり行ったうえで、安心してご利用いただけるよう、現在準備を進めております。

第3弾の経済支援策は、南魚沼市観光協会、塩沢、六日町、大和の各商工会、みなみ魚沼農業協同組合という、市内の経済団体の方々、また、南魚沼市議会からもご意見を聞かせていただき、議論のうえで最終決定した内容です。

以前のように、県外からの観光客が大勢来ていただけるようになるには、もう少し時間がかかるかもしれません。いま、私たち市民にできることは、市内の飲食店、ホテル、旅館を、同じ南魚沼市民が積極的に利用することです。どうか市民のチカラで市内経済の回復への協力を心からお願いいたします。

私はこれから、今ほど申し上げた経済団体の方々、市議会の皆さんと街に繰り出します。「活動再開を宣言する会」と銘打って、まずは自らが率先し、官民、力を合わせて、自粛ムードの払しょくに動き出そうというものです。利用再開をアピールします。

全国では、いまだに新たな感染者が報告されている中、気を緩めすぎであると、批判を受けるかもしれませんが、「新しい生活様式」とガイドラインにのっとり、感染防止と経済活動を両立させなければなりません。

皆さまも、このプレミアム付き飲食・宿泊券をご利用いただき、南魚沼市の一日も早い経済回復にご協力くださいますよう、お願い申し上げます。

令和2年6月19日

南魚沼市長 林 茂男

プレミアム付き飲食・宿泊券に関する問合せ先

一般社団法人 南魚沼市観光協会 025-783-3377

南魚沼市観光協会ウェブサイト:【市民限定】南魚沼市わがまち応援「プレミアム付飲食・宿泊券」の販売を開始します(外部サイト)

グリストラップ汚泥等処理費補助金の追加(予算額400万円)

飲食業・宿泊業の多くで発生するグリストラップ汚泥の処理費用に対する補助率を25パーセントから50パーセントに引き上げて、固定費用の削減による支援を行います。

  • 引き上げ前 1リットル当たり 5.5円
  • 引き上げ後 1リットル当たり 10.9円

事業所から排出される生活雑排水汚泥(グリストラップ汚泥など)については、これまで市の施設で処理していましたが、平成30年4月から民間処理施設に搬入して処分することになりました。民間処理施設での処分に伴い、排出事業所の経費負担が急増することから、市では激変緩和策として平成30年度から3年間に限り補助制度を創設しました。補助制度は本年度で終了します。

グリストラップ汚泥等処理費補助金制度

その他の支援策

ひとり親世帯臨時特別給付金(国)

ひとり親世帯(18歳到達年度末までの児童を一人で養育している人)を支援するため、給付金を支給します。

現在児童扶養手当を受給していない人も、対象となる場合があります。

【厚生労働省】ひとり親世帯臨時特別給付金

過去の市長メッセージ

令和2年5月27日市長メッセージ(緊急事態宣言解除に伴う対応について)(PDF:265.3KB)

令和2年5月20日市長メッセージ(第2弾市独自経済支援策について)(PDF:431KB)

令和2年5月15日市長メッセージ(緊急事態宣言解除に伴う市の対応について)(PDF:297.1KB)

令和2年5月8日市長メッセージ(国の「特別定額給付金」に関係した詐欺防止について)(PDF:107.1KB)

令和2年5月6日市長メッセージ(緊急事態宣言延長に伴う市の対応について)(PDF:347.6KB)

南魚沼市長メッセージ【令和2年5月6日】(YouTube動画)

令和2年5月5日市長メッセージ(特別定額給付金について)(PDF:278.3KB)

令和2年5月1日市長メッセージ(大型連休についての特別のお願い)(PDF:439.3KB)

令和2年4月24日市長メッセージ(市独自支援策などについて)(PDF:755.6KB)

南魚沼市長メッセージ【令和2年4月24日】(YouTube動画)

令和2年4月22日市長メッセージ(春の一斉清掃 実施の判断について)(PDF:85.2KB)

令和2年4月18日市長メッセージ(緊急事態宣言の対象区域拡大伴う特段のお願い)(PDF:335.3KB)

南魚沼市長メッセージ【令和2年4月18日】(YouTube動画)

令和2年4月17日市長メッセージ(緊急事態宣言の対象区域拡大について)(PDF:325.7KB)

令和2年4月10日市長メッセージ(緊急事態宣言発令に伴う対策とお願い)(PDF:630.7KB)

令和2年4月8日市長メッセージ(緊急事態宣言発令に伴うお知らせとお願い)(PDF:304.2KB)

困りごと・心配ごと相談窓口

  • 自分自身・家族の健康に関すること:電話番号 025-773-6811(保健課)
  • 自分自身・家族の生活に関すること:電話番号 025-773-6667(福祉課)
  • 市内事業者の支援に関すること:電話番号 025-773-6665(商工観光課)

新型コロナウイルス感染症対策本部に移行しました(4月7日午後4時)

4月7日(火曜日)、政府は対象の7都府県に向けて緊急事態を宣言しました。これを受けて、市では2月28日に設置した「新型コロナウイルス感染症警戒本部」を、4月7日(火曜日)午後4時に「新型コロナウイルス感染症対策本部」に移行しました。引き続き、新型コロナウイルス感染症に対するさまざまな対策に取り組んでいきます。

市からの情報発信

市からの緊急情報などについては、市報などの紙媒体では情報発信までに時間を要するため、市民のみなさんに素早く情報を提供できるよう、市ウェブサイトや市公式フェイスブックを中心に発信しています。市ウェブサイトなどから情報を得ることのできない人には、地域のみなさんから情報提供していただくよう、ご協力をお願いします。

新型コロナウイルス感染症に関する総合情報

市独自の経済支援策、事業者向け・個人向け支援策、市内の検査結果、学校に関する情報、イベントの中止・施設の休止に関する情報、外国人向けの相談窓口、配達、持ち帰り可能な飲食店の情報などについては、『新型コロナウイルス感染症に関する総合情報』のページをご覧ください。

総合情報

関連ページ

新型コロナウイルス感染症の「新しい生活様式」実践例

南魚沼市民病院における新型コロナウイルス感染症に関する対応について(南魚沼市民病院)

新型コロナウイルス感染症について(新潟県)

問合せ
総務部 秘書広報課 秘書広報班(広報担当)

〒949-6696 新潟県南魚沼市六日町180番地1
電話:025-773-6658
ファックス:025-772-3055

お問合せ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。