未熟児養育医療給付制度

掲載日:平成25年4月1日更新

未熟児養育医療とは

生まれたときの体重が2,000グラム以下であるか、または2,000グラムを超えていても医師の診断により生活力薄弱であって一定の症状を有している乳児に対し、養育医療指定医療機関において入院養育を必要と認めた場合に医療費の一部を助成する制度です。

対象となる乳児は

南魚沼市に居住する「身体の発育が未熟のまま、出生した乳児であって、正常児が出生時に有する諸機能を得るに至るまでのもの」で、医師が入院養育を必要と認めた乳児です。例えば下記のいずれかの症状などを有している場合を言います。   

(1)出生時体重2,000グラム以下のもの

(2)生活力が特に薄弱であって、次に掲げるいずれかの症状を示すもの

  • 一般状態
    (ア)運動不安、痙攣があるもの
    (イ)運動が異常に少ないもの
  • 体温が摂氏34度以下のもの
  • 呼吸器、循環器系
    (ア)強度のチアノーゼが持続するもの、チアノーゼ発作を繰り返すもの
    (イ)呼吸数が毎分50を超えて増加の傾向にあるかまたは毎分30以下のもの
    (ウ)出血傾向の強いもの
  • 消化器系
    (ア)生後24時間以上排便がないもの
    (イ)生後48時間以上嘔吐が持続しているもの
    (ウ)血性吐物、血性便のあるもの
  • 黄疸
    生後数時間以内に現れるか、異常に強い黄疸のあるもの

上記(1)、(2)に掲げる諸症状は、例示となります。出生時体重が2,000グラム超などであって、(1)、(2)に掲げる症状に該当がない場合でも、医師の診断により、未熟性改善のための入院養育が必要であると判断され未熟児養育医療の対象となる場合があります。

給付の内容について

出生から退院までの入院治療に係る保険診療の自己負担分(2割分)が公費負担となります。入院中の食事療養費も公費負担に含みます。公費負担額については、所得に応じて未熟児養育医療分と子ども医療分とで支払われます。

また、健康保険法で対象としている医療費が給付範囲となりますので、保険適用外の費用(差額ベッド代・文書料など)は除外されます。

医療の給付を受けるためには

未熟児養育医療の給付を受けるためには、未熟児の保護者から申請として次の書類の提出が必要です。詳しくはお問い合わせください。

  • 未熟児養育医療給付申請書 (用紙は申請窓口にあります。)
  • 養育医療意見書 (用紙は申請窓口にもありますが、医療機関で担当医師に記入してもらってください。)
  • 世帯調書 (用紙は申請窓口にあります。)
  • 所得税額などを証明する書類 (勤務先などから発行してもらってください。)
    源泉徴収票、確定申告書の控えなど
    詳しくは、「所得税額を証明する書類」をご参照ください。
  • 対象乳児の保険証

所得税額などを証明する書類

所得税額などを証明する書類は、世帯における扶養義務者全員分が必要です。ただし、所得税法上の扶養になっている者は不要です。

提出する書類

  1. 確定申告をしていない人 
    給与収入のみ:ア 給与所得の源泉徴収票
    年金収入のみ:イ 公的年金などの源泉徴収票
  2. 確定申告をした人
    給与収入とそれ以外の収入(農業収入など)、 給与収入以外(自営業、農業など)、年金収入とそれ以外の収入(農業収入など)など:
    ウ 確定申告書の控え
  3. 生活保護を受けている世帯の人:生活保護受給世帯の証明書

扶養義務者全員の所得税額が0円の場合は、住民税の確認の為「同意書」も提出していただきます。

申請時点において最新の証明書類をご提出ください。

その他

  1. 養育医療券を紛失した場合は再交付申請、養育医療券の記載事項に変更が生じた場合は変更届が必要です。
  2. 入院期間が継続となる場合は、医療機関から南魚沼市に協議されます(保護者が手続きする必要はありません)。承認された場合、継続承認書の写しを交付します。
問合せ
福祉保健部 子育て支援課 こども家庭支援班

〒949-6696 新潟県南魚沼市六日町180番地1
電話:025-773-6822
ファックス:025-773-6724

メールでのお問合せはこちら