国道17号 六日町地区電線共同溝整備

掲載日:平成27年11月1日更新

事業の概要

国道17号の六日町市街地では、一部で電柱が立ち並び、歩行者等の通行空間を狭めています。また、電線類によるまちなみ景観の悪化、災害時の電柱倒壊・電線の垂れ下がりなどの都市防災の観点からも課題となっています。

下の写真は、平成22年7月に国道17号(224.8キロメートルポスト付近)から長岡方面を撮影したものです。

(写真)平成22年における国道17号の様子

国土交通省北陸地方整備局長岡国道事務所では、これらの課題を解消し、安全で快適な歩行者空間の確保、都市防災性の強化、都市景観の向上を目的に電線共同溝を整備しています。

  • 事業名:六日町電線共同溝
  • 事業化年度:平成21年度 
  • 事業延長:1.2キロメートル
  • 事業範囲:南魚沼市六日町仲田~河原崎(鎌倉沢川から南魚沼市役所前交差点)

整備効果

電線共同溝事業により、以下の整備効果が見込まれます。

  • 安全で快適な歩行者空間の確保
  • 都市防災性および都市景観の向上
  • 情報通信ネットワーク(電力・通信など)の信頼性の向上

電線共同溝とは

電線共同溝(無電柱化)は、道路の地下空間を活用して、電力線や通信線などをまとめて収納する電線共同溝などの整備による電線類地中化を行い、道路から電柱類をなくすことです。

市内では、JR浦佐駅西口側の毘沙門通り(西浦佐駅前線)と塩沢地区の牧之通り(塩沢中通り線)の一部区間で電線共同溝が整備されています。

現在の事業内容

近隣で整備されている河川改修事業(十二沢川)と調整を図りつつ、整備を実施します。

位置図

国道17号六日町地区電線共同溝平面略図

関連ページ

国土交通省北陸地方整備局長岡国道事務所

国土交通省道路局

三国街道塩沢宿「牧之通り」

問合せ
建設部 都市計画課 都市計画係

〒949-6696 新潟県南魚沼市六日町180番地1
電話:025-773-6662
ファックス:025-772-8659

メールでのお問合せはこちら