国道17号 浦佐バイパス

掲載日:平成28年3月1日更新

事業の概要

浦佐地区の国道17号現道区間は、魚野川と線路(JR上越線)に挟まれているため、冬期間には除雪障害が発生します。国土交通省北陸地方整備局長岡国道事務所では、この問題を解消するとともに、平成27年に開院した「新潟大学地域医療教育センター 魚沼基幹病院」へのアクセス向上を目的に「国道17号 浦佐バイパス」の整備を進めています。

  • 路線名:国道17号
  • 起点・終点:南魚沼市市野江甲から魚沼市虫野まで
  • 延長:6.6キロメートル
  • 幅員:18.0メートル(2車線)
  • 事業化年度:昭和63年度
  • 工事着手:平成9年度

整備効果

浦佐バイパスの整備により、以下の効果が期待されます。

  • 魚沼基幹病院へのアクセスが向上し、救急患者の救命率の向上が期待されます。
  • 堆雪路肩幅確保により、除雪障害が解消される見込みです。
  • 魚野川の洪水による冠水及び濃霧による交通阻害の回避が期待されます。

現在の事業内容

事業状況

魚沼市十日町地区から虫野地区までの事業を進めています。

供用区間

平成26年11月30日に、県道雷土新田浦佐線から魚沼市道宮田線までの約1.8キロメートルが開通しました。

現在、県道塩沢大和線から魚沼市道宮田線までの約4.0キロメートルが供用されています。

浦佐バイパス平面略図

浦佐バイパス平面略図

開通式の様子

平成24年、平成26年に行われた開通式の様子です。

平成24年の開通式

平成26年の開通式

関連リンク

浦佐バイパス事業パンフレット(PDF:2.1MB)

国土交通省北陸地方整備局長岡国道事務所

新潟大学地域医療教育センター 魚沼基幹病院

問合せ
建設部 都市計画課 都市計画係

〒949-6696 新潟県南魚沼市六日町180番地1
電話:025-773-6662
ファックス:025-772-8659

メールでのお問合せはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。