国道253号 八箇峠道路

掲載日:平成27年6月1日更新

事業の概要

南魚沼市と十日町市を結ぶ現在の国道253号は、曲がりくねった急勾配の道路で、気象条件によって通行規制がかかる区間を抱える八箇峠を通過しています。そのため、安定的な交通確保や高速交通体系を構成することが困難で、地域連携や地域間交流の大きな障害となっています。

国土交通省北陸地方整備局長岡国道事務所では、これらの障害を解消し、関越自動車道六日町インターチェンジへのアクセス強化を図り、地域の連携強化や地域振興プロジェクトを支援するため、「国道253号 八箇峠道路」を整備しています。

  • 路線名:国道253号(地域高規格道路 上越魚沼地域振興快速道路の一部)
  • 起点・終点:十日町市八箇から南魚沼市余川まで
  • 延長:9.7キロメートル
  • 事業化年度:平成12年度
  • 用地着手:平成13年度
  • 工事着手:平成12年度
  • 計画見直し:平成17年度(4車線から2車線へ変更、トンネル延長の縮小など)

整備効果

現在の国道253号は、南魚沼市と十日町市との間に2区間(計7.6キロメートル)の異常気象時通行規制区間があり、時間雨量40ミリメートル、連続雨量80ミリメートルで通行止めになります。
また、冬期は積雪による幅員減少や凍結によるスリップ事故など、さらなる交通障害が発生します。
この八箇峠道路の整備で、異常気象時の通行規制がなくなり、冬期においても安全で信頼できる交通が確保されます。

上越魚沼地域振興快速道路とは

「八箇峠道路」は、上越市と南魚沼市の間を結ぶ地域高規格道路「上越魚沼地域振興快速道路」の一部を構成する道路です。
上越魚沼地域振興快速道路は、関越自動車道と北陸自動車道、上信越自動車道および直江津港を直結し、交流圏の拡大と信頼性の高い高速道路ネットワークを形成します。
この道路がすべて完成すると、南魚沼から上越までの所要時間が現在の約半分に短縮され、沿道地域間同士や首都圏との交流が促進されることが期待されます。

現在の事業内容

事業状況

平成29年度に八箇インターチェンジ(仮称)から野田インターチェンジ(仮称)間の一部供用を目指し、八箇峠トンネル(仮称、延長2,840メートル)の舗装工事、欠之上・野田・川窪地区(南魚沼市)および八箇地区(十日町市)の改良工事、橋の工事などを推進しています。

下の写真は、南魚沼市議会産業建設委員会の現地調査(平成22年7月21日)において、八箇峠トンネル(仮称)工事現場(南魚沼工区)を調査したときに撮影したものです。

通常時は、工事現場付近への立ち入りはできません。

平成22年における八箇峠トンネル(仮称)の入口の様子

八箇峠道路平面略図

八箇峠道路平面略図

関連リンク

八箇峠道路事業パンフレット(PDF:2.2MB)

国土交通省北陸地方整備局長岡国道事務所

上越市ウェブサイト 上越魚沼地域振興快速道路建設促進期成同盟会

国道17号 六日町バイパス

問合せ
建設部 都市計画課 都市計画係

〒949-6696 新潟県南魚沼市六日町180番地1
電話:025-773-6662
ファックス:025-772-8659

メールでのお問合せはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。