「秋の全国交通安全運動」が実施されます

スローガン「あおらない 優しい気持ちで 走る秋 」

運動期間:令和2年9月21日(月曜日・祝日)から9月30日(木曜日)まで10日間

運動の重点は下記の3つです。

子どもを始めとする歩行者の安全と自転車の安全利用確保

車を運転中に子どもや高齢者の近くを通るときは、減速するなど「思いやりのある運転」を実践しましょう。

横断歩行者保護のイラスト

ドライバーは右からの横断歩行者を見落とす場合があるので注意しましょう。

見落しやすい位置のイラスト

夕暮れ時と夜間の交通事故防止と飲酒運転等の危険運転の防止

交通事故は午後4時から午後8時までの間に、最も多く発生しています。

ドライバーは早めにライトを点灯し、歩行者は反射材を着用して、交通事故を防ぎましょう。

県内では令和元年度中に飲酒運転の交通事故が40件発生し、6人が死亡しています。

「お酒を飲んだら運転しない」を合言葉に飲酒運転を根絶しましょう。

また、ゆずり合いの気持ちを持って「あおり運転(妨害運転)」はやめましょう。

高齢運転者の安全運転の励行

高齢運転者が加害者となる交通事故の割合が依然として高い状況です。身体能力は徐々に低下していくので、ゆとりを持った運転を心がけましょう。

また、安全運転について家族で話し合ってみましょう。運転免許証を返納する制度があります。運転に不安を感じたら、警察の安全運動相談窓口で相談してみましょう。

9月30日(水曜日)は「交通事故死ゼロを目指す日」です

記録の残る昭和43年以降、全国では毎日、交通死亡事故が発生しているため、交通安全意識の向上を目的に設定された日です。

一人ひとりが交通ルールを守り、いつも以上に交通事故に注意しましょう。

問合せ
市民生活部 環境交通課 環境交通係

〒949-6696 新潟県南魚沼市六日町180番地1
電話:025-773-6666
ファックス:025-772-3055

お問合せ