屋根雪の落雪に関するトラブル防止について

掲載日:平成29年3月3日更新

屋根雪の落雪に関するトラブル防止について

豪雪地域である南魚沼市で建築物を建築する場合、屋根雪の処理方法は、極めて重要な問題です。

屋根雪の落雪に関するトラブルが発生した場合、家主は責任を問われる場合があります。落雪が隣地との境界線を越える場合、隣同士のトラブルとなる場合があります。

雨水(雪)の隣地への影響は、民法において規制されているため、落雪は家主の責任により、適切に対策を講じる必要があります。落雪は原則として、家主の敷地内で処理する必要があります。

南魚沼地域屋根雪に関する指導要綱

南魚沼市では、屋根雪の落雪に関するトラブル防止のため、南魚沼地域屋根雪に関する指導要綱において、自然落雪式建築物の落雪影響距離の基準を示しています。

南魚沼地域屋根雪に関する指導要綱・覚書様式

落雪影響距離の算出方法

落雪影響距離は、自然積雪深を3メートルとした、屋根雪の一般的な影響距離の基準です。

「屋根の水平の長さ」および「軒の出」から算出します。

落雪影響距離の算出上、軒の出の起点は、「壁芯」ではなく「壁面」とします。

落雪影響距離早見表(PDF:2.5MB)

建築確認申請時の指導

自然落雪式建築物の場合、落雪影響距離を算出のうえ、隣地との境界線を越えないことを確認します。

隣地との境界線を越える場合、 次の点について指導を行います。

  • 建築位置の変更
  • 屋根に消雪パイプの設置
  • 雪止めフェンスなどの設置
  • 隣地の方との覚書

屋根雪の落雪に関するお願い

落雪影響距離は、屋根雪の一般的な影響距離の基準であり、影響距離の限界ではありません。

条件により、落雪方向ではない横方向の落雪、落雪影響距離を超える落雪が発生する場合があります。指導要綱を守るだけでは、すべてのトラブルを防止することはできません。

設計、建築は、次の点についてご考慮ください。

  • 落雪方向、横方向に十分な余裕距離を確保すること
  • 屋根の形状、材質を考慮すること
  • 隣地が住宅の場合、落雪は家主の敷地内で処理するため、必要に応じて消雪パイプ、雪止めフェンスなどの対策を講じること

屋根雪の落雪に関するお願い(PDF:259.7KB)

お互いさまの気持ちで共に支え合いましょう

落雪が隣地との境界線を越える場合でも、差し支えない範囲であればお互いに許容する気持ちも大切です。

お互いさまの気持ちで共に支え合い、豪雪地域での快適な暮らしを実現させましょう。

問合せ
建設部 都市計画課 都市計画係

〒949-6696 新潟県南魚沼市六日町180番地1
電話:025-773-6662
ファックス:025-772-8659

メールでのお問合せはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。