住民基本台帳ネットワーク

掲載日:平成23年2月20日更新

平成25年7月8日から外国人住民も対象となります

今まで日本人住民のみが対象となっていた「住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)」で、外国人住民も対象となります。

住民基本台帳ネットワーク

住民基本台帳とネットワーク

住民基本台帳とは、住民の居住関係の公証、選挙人名簿の登録その他の住民に関する事務の処理の基礎となる制度です。

平成11年の住民基本台帳法の改正により、住民票の記載事項として新たに住民票コードを加え、住民票コードを基に行政機関に対する本人確認情報の提供や市町村の区域を越えた住民基本台帳に関する事務の処理を行うため、住民基本台帳のネットワーク化を図りました。

パスポート申請に住民票の写しの提出不要

申請者の住所は住民基本台帳ネットワークシステムにより確認していますので、住民票の提出が不要となりました。ただし、他の都道府県に住民登録されている方が新潟県で申請する場合は必要です。

詳しくは、市民課窓口までお問い合わせください。

住民票の写しの広域交付

南魚沼市の住民票を、他の市区町村窓口で交付を受けることができるサービスです。

南魚沼市以外に住所のある方でも、南魚沼市役所の窓口で住民票の交付を受けることができます。ただし、本人とその同一世帯の方の住民票が対象となり、本籍・筆頭者等の記載はありません。

詳しくは、市民課窓口までお問い合わせください。

住基ネットの個人情報対策

住基ネットで保有する個人情報や利用できる事務を法律で規定し、決められた職員以外は操作できないようになっています。また、専用回線を使用し、通信データの暗号化や不正アクセスを防止するための対策を行っており、制度面・技術面および運用面などあらゆる面で十分な対策を行っております。

総務省ウェブサイト

問合せ
市民生活部 市民課 市民係

〒949-6696 新潟県南魚沼市六日町180番地1
電話:025-773-6661
ファックス:025-773-2110

メールでのお問合せはこちら