警戒レベルによる避難情報の発信を始めました

危険度を分かりやすく5段階の警戒レベルで発表します

避難指示や避難勧告など大雨などの際には多くの避難情報が発令されます。しかし、複雑で分かりにくいため、必ずしも市民の避難行動に結びついていないという平成30年7月の西日本豪雨の教訓を踏まえ、国(内閣府)では、大雨の際に発表される防災情報を5段階の警戒レベルに整理しました。南魚沼市でも、6月1日より「警戒レベル」を付け加えた避難情報でお知らせ(発令)します。

警戒レベルの一覧表

警戒レベル

住民がとるべき行動

 

避難情報など

警戒レベル5

すでに災害が発生している状況。

命を守るための最善の行動をとる。

災害発生情報

災害が実際に発生していることを把握した場合に可能な範囲で発令

(南魚沼市が発令)

警戒レベル4

速やかに避難先へ避難する。

避難先までの移動が危険と思われる場合は、近くの安全な場所や自宅内のより安全な場所に避難する。

避難勧告

避難指示(緊急)

地域の状況に応じて緊急的または重ねて避難を促す場合などに発令

(南魚沼市が発令)

警戒レベル3

避難に時間を要する(ご高齢の人、障がいのある人、乳幼児など)とその支援者は避難を開始する。

その他の人は避難の準備をする。

避難準備・高齢者等避難開始

(南魚沼市が発令)

警戒レベル2

避難に備え、最新の気象情報やハザードマップなどにより、自らの避難行動を確認する。

洪水注意報、大雨注意報など

(気象庁が発表)

警戒レベル1

災害への心構えを高める。

 

早期注意情報

(気象庁が発表)

各種の情報は、警戒レベル1から5の順番で発表されるとは限りません。状況が急変することがあります。

伝達例

これまでの避難勧告などの「避難情報」「警戒レベル」付け加えてお伝えします。

警戒レベル3の伝達例

南魚沼市からのお知らせです。

六日町地区に警戒レベル3「避難準備・高齢者等避難開始」を発令しました。魚野川が氾濫するおそれのある水位に近づいています。次に該当する人は避難を開始してください。

お年寄りの人、体の不自由な人、小さい子どもがいらっしゃる人など、避難に時間のかかる人とその避難を支援する人は、避難を開始してください。

川沿いにお住まいの人も避難を開始してください。そのほかの人も、近所の人などと声をかけ合いながら、避難の準備を始めてください。

警戒レベル4の伝達例

南魚沼市からのお知らせです。

六日町地区に警戒レベル4「避難勧告」を発令しました。魚野川が氾濫するおそれがある水位に到達しました。速やかに避難を開始してください。避難場所への避難が危険な場合は、近くの安全な場所に避難するか、屋内の高いところに避難してください。また、近所の人などと声をかけ合いながら、避難してください。

警戒レベル5の伝達例

南魚沼市からのお知らせです。

六日町地区に洪水に関する警戒レベル5「災害発生情報」を発令しました。六日町地区で堤防から水があふれ始めました。六日町地区を避難中の人は大至急近くの安全な場所に緊急に避難するか、屋内の安全な場所に避難してください。

避難のポイント

警戒レベル5を待たない

警戒レベル5になってから避難を始めるのは、手遅れになる可能性があります。警戒レベル5を待たず、警戒レベル4の避難情報が発令されたら全員避難を始めてください。

避難場所などへの移動が困難なときは

猛烈な雨が数時間降った時などには一気に状況が悪化して、警戒レベル4の避難勧告や避難指示(緊急)が間に合わないこともあります。

すでに周囲で浸水が始まるなど、遠くの避難場所などに逃げるのがかえって危険な場合には、近くの安全な場所や建物に逃げることも選択肢の一つです。

また、外に出るのが危険な場合には、命が助かる可能性の高い行動として、建物の2階以上や崖の反対側の部屋に移動する「垂直避難」という方法もあります。

命を守るのは自分

南魚沼市や防災機関などはさまざまな情報を発表しますが、猛威が間近に迫っているときには行政が1人1人を助けることが困難になります。大切なことは「自分の命は自分で守る」という意識です。普段から住んでいる地域の災害リスクに関心を持ち、災害のおそれがある場合には積極的に情報を集め、早め早めの避難行動をとってください。

問合せ
総務部 総務課 防災庶務班(防災担当)

〒949-6696 新潟県南魚沼市六日町180番地1
電話:025-773-6660
ファックス:025-772-3055

お問合せ