台風への備え

掲載日:平成23年2月20日更新

台風は、突然襲ってくる地震などと違い、ある程度の予防ができます。台風が近づいてきたときは、台風情報に注意して、次のような対策を取り、被害が出ないように備えましょう。

  • 台風情報に十分注意し、台風の進路に注意しましょう。
  • できるだけ外出は控えましょう。
  • 看板、広告塔、車庫など風の被害を受けやすいものは、 あらかじめ補強をしましょう。
  • 物干し竿や植木鉢、ゴミ箱、犬小屋など吹き飛ばされやすいものは片付けましょう。
  • 窓や雨戸は外れないように、戸挟み、板などで釘付け、筋かいで補強をしましょう。
  • 万一窓や雨戸が飛ばされた時は、直ちに反対側の雨戸を外し風を通しましょう。
  • 近所に、高齢者や体の不自由な方など災害弱者の家庭があったら、お互い手を貸してあげましょう。
  • 風が強くなってから屋根やテラスの補強は危険です。 早めに家の周りを見回り、補強の必要なところは応急処置をしておきましょう。
  • 河川に近づくのは、やめましょう。河川が増水し非常に危険です。
  • 土砂災害にも十分注意しましょう。雨が続くと土砂災害の危険が高まります。

情報を活用しましょう

気象庁の台風情報や国土交通省、新潟県で公開している情報を活用しましょう。

気象庁

新潟地方気象台

新潟県河川防災情報システム

新潟県土砂災害警戒情報システム

国土交通省防災情報センター

問合せ
総務部 総務課 防災庶務班

〒949-6696 新潟県南魚沼市六日町180番地1
電話:025-773-6660
ファックス:025-772-3055

メールでのお問合せはこちら