消防長救急査閲を実施

掲載日:平成30年1月31日更新

救急活動のレベルアップを図るため、平成29年度救急消防長査閲を実施しました。今年度は2日間にわたり、各隊で救急想定を作成し実施しました。想定班は実施隊に合わせた到達目標を決め、病態に対する観察や処置が適切であったか振り返りを行いました。実施隊は傷病者から得られる情報で緊急度・重症度を判断し、適切な医療機関を選定する観察力が養われ、双方ともに知識、技術の向上となる訓練となりました。消防長からは、住民の期待に応えるため、今後も継続して訓練に励むよう訓示があり、参加した全救急隊員が適切な現場活動を行うことを胸に誓い閉会となりました。

救急査閲1

想定を付与する様子

救急査閲2

傷病者に接触し観察する様子

 

救急査閲3

低血糖に対するブドウ糖投与を実施する様子

 

救急4

増加傾向にあるスキー事故を想定した内容

救急査閲5

状態が悪い傷病者に対する静脈路確保および

輸液を実施する様子

救急査閲6

救急車内活動の様子

振り返り

活動の振り返りの様子

救急8

指導救命士による全体の評価

問合せ
消防本部 警防課 救急係

〒949-6405 新潟県南魚沼市竹俣82番地2
電話:025-782-5331
ファックス:025-782-1989

メールでのお問合せはこちら