特殊詐欺に注意!

更新日:令和2年7月1日

特殊詐欺の手口

詐欺の手口は日々巧妙で悪質になっています。

電話で現金の話やATMの話をされたらひとまず「詐欺ではないか」と疑ってください。

甘い話や身に覚えのない請求には要注意です。

オレオレ詐欺 「オレだけど・・・」

「お金が必要になったんだ」「電話番号が変わったんだ」は詐欺の可能性があります。

自分から子どもや孫の名前は出さずに「誰ですか?」と聞き返しましょう。

「番号が変わった」と言われても、必ず変わる前の電話番号にかけて確認しましょう。

融資保証金詐欺 「貸しますよ」

「支払能力を確認するので振り込みを」「先に保証金(登録料)を払ってください」は疑いましょう。

融資を申し込む前に業者の確認をしっかり行ってください。

還付金詐欺 「お金が戻ります」

「還付金があります」「ATMで操作を」に騙されないでください。

関係機関の職員を名乗った電話が多いですが、職員はATMやコンビニに誘導することはありません。

その他の特殊詐欺

  • 預貯金詐欺
  • 架空料金請求詐欺
  • 金融商品詐欺
  • ギャンブル詐欺
  • 交際あっせん詐欺
  • キャッシュカード詐欺盗(窃盗)

市内で発生した特殊詐欺事例

市内においても次のような方法で現金をだましとる詐欺被害が発生しています。

ルビーの代理購入名目の詐欺被害

貿易会社からルビー販売のパンフレットが送られてきた後、見知らぬ男から電話で代理購入を依頼され現金220万円をレターパックで郵送してしまった。

「現金をレターパックで送ってほしい」は詐欺と考え警察に連絡・相談してください。

ロト6詐欺被害

ロト6の当選番号を教えると持ちかけられ現金を振り込んでしまった。

「当選番号をいうから明日の新聞で確認してみて」はインターネットで発表されてから新聞に載るまでの時間差を利用した手口です。当選番号が事前にわかることはありません。

医療費還付金詐欺被害

役所職員を名乗る男から「医療費還付の文書を送ったが届いているか」「返還手続きをするから通帳を持ってATMに行ってくれ」との電話を受け、言われるままにATMに行き操作をしてしまい約50万円を騙し取られてしまった。

「ATMにいってくれ」と市職員や税務署職員が連絡することはありません。「ATM」という単語が出された時点で疑いましょう。

特殊詐欺被害にあわないために

特殊詐欺の前兆と思われる不審電話が市内でも発生しています。

自分は大丈夫と思わずに被害にあわないよう日頃から気を付けましょう。

怪しい電話があったら一人で考えず、家族や警察に相談してください。

問合わせ先

南魚沼警察署

電話番号:025-770-0110(または相談ダイヤル#9110)

関連サイト

新潟県警察特殊詐欺撲滅対策(別ウィンドウで開きます。)
 

問合せ
総務部 総務課 防災庶務班(庶務担当)

〒949-6696 新潟県南魚沼市六日町180番地1
電話:025-773-6660
ファックス:025-772-3055

お問合せ