「アマゾンジャパン合同会社」などをかたる架空請求にご注意ください

「アマゾン」をかたる架空請求に関する相談が各地の消費生活センターに寄せられています

最近、消費者の携帯電話に「有料動画の未納料金が発生しております。本日中にご連絡無き場合、法的手続きに移行致します。アマゾンジャパン合同会社」などと記載したSMS(ショートメッセージサービス)を送信するとともに、SMSに記載された電話番号に連絡してきた消費者に「お客様は動画サイトを利用しており、料金未納の悪質な利用者だとみなされて請求が上がっています。」、「本日中に支払わなければ民事裁判へ移行します。」などと告げ、有料動画の未納料金の名目で金銭を支払わせようとする事業者に関する相談が、各地の消費生活センターに寄せられています。

なお、実在するアマゾンは、本件とは全く無関係です。アマゾンをかたる事業者と同名または類似名の事業者と間違えないようご注意ください。

相談事例

「有料動画の未納料金が発生しております。本日中にご連絡無き場合、法的手続きに移行致します。アマゾンジャパン合同会社」などと記載されたSMSが携帯電話に送られてきた。

アマゾンの配信する動画を閲覧した覚えはないものの、他のサイトの動画を閲覧したことと何らかの関係があるのかもしれないと思い、確認のためSMS記載の電話番号に電話をした。

すると男の人が出て、氏名、生年月日などを尋ねられ、調べてみると言われしばらく待たされた後、「お客様は動画サイトを利用しており、料金未納の悪質な利用者だとみなされて請求が上がっています。」と告げられ、未納料金の支払を求められた。さらに、「本日中に支払わなければ民事裁判へ移行します。」などと言われ、その日のうちに支払うよう求められた。

不安になり、アマゾンの配信する動画を閲覧した覚えはなかったものの、お金を支払うことを承諾した。

すると支払手段として、アマゾンの通販サイトで使用できるギフト券を5万円分コンビ二エンスストアなどで購入して、その番号を事業者に伝えるように指示された。

相談者は、言われるままコンビニエンスストアでギフト券を購入し、その番号を事業者に伝えてしまった。

アドバイス

  •  アマゾンの未納料金をSMSを用いて支払えというのは詐欺の手口です。こうした要求には絶対に応じないようにしましょう。

本事案のように、詐欺的な行為を行う事業者が、実在の事業者などの名前をかたる場合があります。事業者の名前に聞き覚えがあるからといって安易に信用せず、話の内容などをよく確認しましょう。

  •  「本日中に連絡がなければ法的手続きに移行します。」というSMSは典型的な詐欺の手口です。絶対に連絡しないようにしましょう。

訴訟などの法的手続への移行が予定されている場合、あらかじめ書面による通知がなされるのが一般的です。前述のようなSMSは、相手を脅かし、せき立てて冷静な判断力を失わせようという典型的な詐欺の手口です。

  •  ギフト券を購入してその番号を連絡しろというのは典型的な詐欺の手口です。絶対に応じないようにしましょう。

同様の手口に関し、消費者庁においても数度にわたる注意喚起を行っています。また、有料動画サイトの未納料金名目以外にも、ギフト券番号を聞き出す手口の詐欺が横行しており、国民生活センターやギフト券の発行会社なども注意を呼びかけています。

  •  一度つながった電話を切らせないようにすることがあります。応じることなく、一旦電話を切って、周囲の人や相談窓口に相談しましょう。

これは、消費者に考える時間を与えたり、公的機関に電話で通報されたりしないようにする手口です。

消費者庁公表資料

公表資料(PDF:519.4KB)

問合せ
産業振興部 商工観光課 商工振興班

〒949-6696 新潟県南魚沼市六日町180番地1
電話:025-773-6665
ファックス:025-773-6710

メールでのお問合せはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。