部落差別解消推進法

部落差別の解消の推進に関する法律が施行されました

平成28年12月16日、部落差別の解消の推進に関する法律(部落差別解消推進法)が施行されました。

部落差別問題とは、同和地区・被差別部落といわれる特定の地域の出身者であることや、住んでいることを理由に結婚を妨げられたり、日常生活の中でさまざまな差別を受けたりなど、基本的人権が侵害されている重大な問題のことです。

現在も全国的に差別意識が解消しておらず、インターネット上で差別を助長するような内容の書き込みがなされるといった事案が発生しています。

差別や偏見に基づくこうした行為は、人格や尊厳を傷つけるものであり、決して許されないものです。同和問題を正しく理解し、ひとり一人の人権が尊重される社会の実現をめざしましょう。

関連資料

同和問題に関する偏見や差別をなくそう(PDF:339.1KB)

条文(PDF:108.2KB)

附帯決議(衆議院法務委員会)(PDF:187.7KB)

附帯決議(参議院法務委員会)(PDF:32.3KB)

関連ページ

法務省「同和問題(部落差別)に関する正しい理解を深めましょう」のページ

問合せ
市民生活部 市民課 市民班

〒949-6696 新潟県南魚沼市六日町180番地1
電話:025-773-6661
ファックス:025-773-2110

お問合せ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。