飲食店などのグリーストラップ(油脂分離装置)の適切な維持管理について

掲載日:平成24年10月29日更新

グリーストラップの適切な維持管理をお願いします

飲食店などでグリーストラップ(厨房の排水から油脂分を除去する装置)を設置している場合は、適切な維持管理をしてください。グリーストラップの維持管理を怠り、下水道を油で詰まらせる事件が多発しています。以下の図は、標準的なグリーストラップの最低限の清掃周期を示したものです。適切な周期で清掃をしなければ、グリーストラップの本来の機能を発揮することができず、排水管の詰まりや悪臭の原因となります。

(イラスト)グリーストラップの維持管理

グリーストラップは、あくまで排水中の油脂類を分離させるだけの装置で、油脂類を分解・処理・浄化する装置ではありません。分離した油脂類を維持管理者がグリーストラップ内から取り除かなければ、そのまま排水管へ流れ、詰まりの原因となります。

グリーストラップの清掃方法

  1. グリーストラップの蓋をあける。
  2. 「バスケット」をグリーストラップ内から引き上げて、中のごみを十分に水切りをしてから新聞紙などに空ける。
  3. 一槽目~三槽目の水面に浮いた油類など(「グリース」)を柄杓(ひしゃく)などを使ってすくい出し、水切りをして新聞紙などに空ける。
  4. 「バスケット」を元の位置に納め、蓋をして清掃終了。
  5. ごみや油等を空けた新聞紙などは、指定のごみ袋に入れて「事業系可燃ごみ」として処分する。

注意:槽の底部に溜まった「沈殿物」は、汚泥の回収業者に依頼してくみ取ってもらう。

問合せ
企業部 下水道課 下水道業務係

〒949-6746 新潟県南魚沼市畔地315番地
電話:025-774-2740
ファックス:025-774-2880

メールでのお問合せはこちら