建物を取り壊したら

掲載日:平成23年2月20日更新

届出が必要です

固定資産税は毎年1月1日現在の状況で課税されますので、年の途中で建物を取り壊した場合でも、その年度分は全額課税され、翌年度から課税対象から外れます。

家屋を取り壊しても届出がないと、誤って課税する原因になりますので、家屋を取り壊した場合は、税務課まで届出または連絡をしてください。

関連資料

家屋取壊し届(PDF:139.1KB)

家屋取壊し届(WORD:42.5KB)

問合せ
市民生活部 税務課 資産税班(家屋担当)

〒949-6696 新潟県南魚沼市六日町180番地1
電話:025-773-6668
ファックス:025-773-6600

メールでのお問合せはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。