固定資産税の特例

掲載日:平成28年4月1日更新

住宅用地の特例措置

住宅用地を取得し、または農地などを住宅用地に転用して、その土地に住居を新築または増築した場合や、建売住宅(中古住宅を含む)を取得した場合に適用されます。

住宅用地とは

住宅用地とは、住宅として使用している家屋の敷地で、家屋床面積の10倍までの面積が該当になります。工場・倉庫・店舗・別荘などの敷地は該当しません。

小規模住宅用地

住宅用地のうち200平方メートル以下の部分を小規模住宅用地といい、この部分については固定資産税評価額の6分の1が課税標準となり、固定資産税は通常の6分の1に軽減されます。また、都市計画税については3分の1に軽減されます。

一般住宅用地

住宅用地のうち200平方メートルを超える部分を一般住宅用地といい、この部分については固定資産税評価額の3分の1が課税標準となり、固定資産税は通常の3分の1に軽減されます。また、都市計画税については3分の2に軽減されます。

申告の方法

「住宅用地適用申告書」を、税務課資産税班へご提出ください。大和・塩沢の各市民センターでも受け付けています。

住宅用地適用申告書(PDF:61.2KB)

新築住宅の軽減措置

新築された住宅のうち、一定の要件を満たせば、3年間(地上3階以上の中高層耐火建築物などは5年間)にわたって、固定資産税が2分の1に軽減されます。

要件

  1. .住宅として使用する部分の床面積が全体の床面積の2分の1以上であること。
  2. 居住用部分の床面積が50平方メートル以上280平方メートル以下であること(住宅以外の貸家については、40平方メートル以上280平方メートル以下)。ただし、高床式住宅の高床部分(積極的に利用しない部分)は1割を算入して判定する。

以上の要件を満たしても、軽減の対象となるのは、住宅として使用する部分の床面積のうち120平方メートルまでの部分です。都市計画税は、軽減の対象外です。

新築住宅に係る固定資産税減額規定の適用申告書(PDF:102.3KB)

長期優良住宅は、軽減の適用期間が延長されます。詳しくは次のページをご覧ください。

認定長期優良住宅に係る固定資産税の軽減

免税点制度

市内に同一人が所有する固定資産の課税標準額が土地30万円、家屋20万円、償却資産150万円に満たない場合には、固定資産税は課税されません。

問合せ
市民生活部 税務課 資産税班(土地・家屋担当)

〒949-6696 新潟県南魚沼市六日町180番地1
電話:025-773-6668
ファックス:025-773-6600

メールでのお問合せはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。