認定長期優良住宅に係る固定資産税の軽減

掲載日:平成28年4月1日更新

長期優良住宅を新築された場合、固定資産税が軽減されます。
長期優良住宅の詳細は、新潟県か建築士などにお問い合わせください。

対象となる住宅

  • 平成30年3月31日までの間に新築された住宅のうち、長期優良住宅の認定を受けた住宅。
  • 住宅として使用する部分の床面積が全体の床面積の2分の1以上であること。
  • 居住用部分の床面積が50平方メートル以上280平方メートル以下であること(住宅以外の貸家については、40平方メートル以上280平方メートル以下)。

軽減の内容

軽減される範囲

居住部分の最大120平方メートルまでに相当する固定資産税額の2分の1に相当する額が減額されます。

軽減される期間

  • 3階建て以上の耐火住宅・準耐火住宅:新築後7年間
  • 上記以外の住宅:新築後5年間

軽減を受けるための手続き

新築住宅の家屋評価のお願いの文書とともに申告書を送付しています。
住宅完成後、調査にお伺いする職員に、申告書と認定通知書(コピー可)をご提出ください。

認定長期優良住宅に係る軽減適用申告書(PDF:94.8KB)

関連ページ

新潟県ウェブサイト:長期優良住宅建築等計画の認定について

問合せ
市民生活部 税務課 資産税班(家屋担当)

〒949-6696 新潟県南魚沼市六日町180番地1
電話:025-773-6668
ファックス:025-773-6600

メールでのお問合せはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。