納税が遅れると

掲載日:平成28年1月1日更新

納税が遅れると

市税は、定められた納期限までに、納税者のみなさんに自主的に納めていただくものです。定められた納期限までに納税しないことを「滞納」といいます。市税を滞納すると、市役所では早く納めていただくように納期限後20日以内に督促状を送付し、さらに納付がない場合は文書や電話などで催告を行います。また、納期限を過ぎても納付がない場合には、納期限内に納税した人との公平のため、本税以外に督促手数料・延滞金が課されます。

督促手数料

督促状を発送した際、督促手数料(100円)が加算されます。

延滞金

納期限までに税金が完納されないときは、未納税額と併せて延滞金をいただくことになります。延滞金に用いる利率は次のとおりです。特例割合が本則の割合を超える場合は、本則の割合とします。

延滞金割合の改正

国税における延滞税の見直しに合わせ、平成26年1月1日以降の期間に対応する市税の延滞金割合を見直しています。

 

延滞金率

期間

本則

平成12年1月1日から平成25年12月31日までの特例割合

平成26年1月1日以降の特例割合

納期限の翌日から1か月を経過する日まで

7.3% 特例基準割合 特例基準割合+1%

納期限の翌日から1か月を経過した日以降

14.6% 特例なし 特例基準割合+7.3%
  • (平成25年12月31日までの特例の)特例基準割合:各年の前年の11月30日の日本銀行法第15条第1項第1号の規定により定められる商業手形の基準割引率(従来の公定歩合のこと)に、年4%を加算した割合
  • (平成26年1月1日以後の特例の)特例基準割合:租税特別措置法第93条第2項の規定により財務大臣が告示する割合(各年の前々年の10月から前年の9月までにおける国内銀行の新規の短期貸出約定平均金利の平均)に、年1%を加算した割合

延滞金割合の推移

延滞金推移
期間

納期限の翌日から1か月を経過する日まで

納期限の翌日から1か月を経過した日以降

平成29年1月1日から

2.7% 9.0%

平成27年1月1日から平成28年12月31日まで

2.8% 9.1%

平成26年1月1日から平成26年12月31日まで

2.9% 9.2%

平成22年1月1日から平成25年12月31日まで

4.3% 14.6%

平成21年1月1日から平成21年12月31日まで

4.5% 14.6%

平成20年1月1日から平成20年12月31日まで

4.7% 14.6%

平成19年1月1日から平成19年12月31日まで

4.4% 14.6%

平成14年1月1日から平成18年12月31日まで

4.1% 14.6%

平成12年1月1日から平成13年12月31日まで

4.5% 14.6%

 

滞納処分

督促状を発送した日から10日を経過した日までに完納されない場合は、滞納者の財産(不動産、預貯金、給与、動産など)の差押など滞納処分を行うことがあります。
差押えた財産は、公売、換価を行い、市税などに充てる場合があります。

問合せ
市民生活部 税務課 収税班(徴収担当)

〒949-6696 新潟県南魚沼市六日町180番地1
電話:025-773-6669
ファックス:025-773-6600

メールでのお問合せはこちら