新型コロナウイルスの影響により納税が困難な場合は

新型コロナウイルスにより市税の納付が困難な場合の納税猶予について(特例猶予)

特例の概要

新型コロナウイルスの影響による収入の減少、事業の休止などで市税を一時に納付することができない場合、申請し市が認めたときは、1年以内の期間に限り、納税の猶予を受けることができます。(この特例は、市税を免除、減免するものではありません)

対象者

下記のいずれも満たす納税者・特別徴収義務者(個人法人の別、規模は問わず)が対象となります。

  • 新型コロナウイルスの影響により、令和2年2月以降の任意の期間(1か月以上)において、収入が前年同期に比べおおむね20パーセント以上減少していること。
  • 市税を一時に納付することが困難であること。

対象となる税目

令和2年2月1日から令和3年1月31日までに納期限が到来する固定資産税、軽自動車税、市県民税、国民健康保険税、法人市民税など。ただし、年金特別徴収分は対象とはなりません。また、これらの税のうち、すでに納期限が過ぎている未納の市税についても遡って特例を利用することができます。

猶予の内容

  • 納期限から最長1年間、納税が猶予されます(納税義務が消滅するものはなく、猶予期間中に納付しなければなりません)。
  • 猶予期間中の督促はされません。また猶予期間中の延滞金は免除されます。

申請手続き

下記の申請書と添付書類を申請期限までに提出してください。

申請書

徴収猶予申請書(特例用)

(特例)徴収猶予申請書・別紙(EXCEL:96.9KB)

(特例)徴収猶予申請書(PDF:859KB)

(特例)徴収猶予申請書別紙(PDF:69KB)

(特例)徴収猶予申請書・別紙の記入例(EXCEL:170.4KB)

添付書類

添付書類については、猶予を受けようとする金額により、下記のとおり提出してください。

(1)猶予を受けようとする金額が100万円以下の場合

  1. 財産収支状況書
  2. 事業収入等の減少を比較、確認できる書類(売上帳、現金出納帳、給与明細、預金通帳など)の写し 

財産収支状況書とその記入例(EXCEL:56.7KB)

財産収支状況書とその記入例(PDF:209.8KB)

(2)猶予を受けようとする金額が100万円を超える場合

  1. 財産目録
  2. 収支の明細書
  3. 事業収入等の減少を比較、確認できる書類(売上帳、現金出納帳、給与明細、預金通帳など)の写し

財産目録とその記入例(EXCEL:59.7KB)

財産目録とその記入例(PDF:203.7KB)

収支の明細書とその記入例(EXCEL:63.6KB)

収支の明細書とその記入例(PDF:227.3KB)

申請期限

書類の提出は、関係法令の施行日(令和2年4月30日)から2か月後、または納期限のいずれか遅い日までに申請してください。郵送での提出も可能です(当日消印有効)。また、提出された書類の記載内容について、電話で確認させていただくことがあります。

問合せ
市民生活部 税務課 収税班(徴収担当)

〒949-6696 新潟県南魚沼市六日町180番地1
電話:025-773-6669
ファックス:025-773-6600

お問合せ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。