市・県民税 家屋敷課税

掲載日:平成27年1月8日更新

家屋敷課税とは

地方税法第294条第1項第2号の規定に基づき、南魚沼市内に事務所・事業所または家屋敷を有する個人で、南魚沼市内に住所を有しない方に、住民税の均等割 【年額5,000円(市民税3,500円・県民税1,500円)】 を課税することです。

住民税均等割の課税を「家屋敷課税」といい、土地や家屋に課税される固定資産税とは別に、南魚沼市の行政サービス(消防、救急、清掃、道路など)の受益者となるため一定の費用を負担していただくものです。

事務所、事業所、家屋敷とは

事務所、事業所 (法人経営の事務所等は対象となりません。)

自己の所有に属するものであるかどうかは問わず、事業の必要から設けられた設備であり、そこで継続して事業が行われる場所をいいます。

家屋敷

  • 自己または家族が居住の用に供することを目的として、住所地以外の場所に設けた住宅などをいい、いつでも居住できる状態であれば、実際に居住していることを要しません。
  • 一戸建ての住宅やマンション、アパート、別荘、別宅、または常時家族を住まわせ時々帰宅する関係にある住宅(単身赴任者が所有する住宅など)も該当します。なお、自己所有のものであって他人に貸し付ける目的で所有している場合や、現に他人(家族・親族は除く)が居住している場合は該当しません。(その場合、賃貸借契約書等の証明が必要となります)

家屋敷課税の対象は

以下のすべてに該当する方が、家屋敷課税の対象となります。

  • 南魚沼市に自己または家族が住むことを目的とした、自由に居住することのできる独立性のある住宅、事務所または事業所を持っている。
  • 1月1日現在、南魚沼市に住民登録がない。
  • 南魚沼市で市・県民税が課税されていない。

実際に居住している市区町村で、市・県民税が課税されている(課税されていない場合でも、お住まいの地域の級地区分によっては家屋敷課税が課される場合があります)。

級地区分とは

住民税均等割の非課税限度額は生活保護の規定によるもので、3段階にわかれています。
南魚沼市は一番低い3級地です。

問合せ
市民生活部 税務課 市民税係

〒949-6696 新潟県南魚沼市六日町180番地1
電話:025-773-6668
ファックス:025-773-6600

メールでのお問合せはこちら