医療費控除における特例(スイッチOTC医薬品購入費用控除)について

更新日:平成28年12月26日

スイッチOTC医薬品購入費用控除の創設(平成30年度分より)

医療費控除の特例とは、健康の維持増進と疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人が、平成29年1月1日から平成33年12月31日までの間に、自己または自己と生計を一にする配偶者その他の親族に係るスイッチOTC医薬品を購入した場合、その購入費用について所得控除を受けることができます。

この特例を受けるには、所得税の確定申告か市・県民税の申告が必要です。また、申告の際には領収書や証明書などが必要になるほか、従来の医療費控除との併用はできません。ご注意ください。

スイッチOTC医薬品とは

OTCとはover the counterの略称のことで、処方箋が必要のない、薬局で自由に買える市販薬を意味しています。要指導医薬品と一般医薬品のうち、医師の処方箋がないと購入ができなかった医療用から転用された(スイッチした)医薬品(類似の医療用医薬品が医療保険給付の対象外のものを除く)がスイッチOTC医薬品となります。

医療用から転用した薬になりますので、これまでの市販薬より高い有効成分が期待されます。このOTCスイッチ医薬品の該当薬品については厚生労働省のウェブページに掲載されていますので確認ください。

控除額

以下の一定の取組を受けている人が、「スイッチOTC薬」の購入費について年間12,000円を超えて支払った場合は、その支払った費用(年間100,000円を限度)のうち12,000円を超える額(年間88,000円を限度)

スイッチOTC医薬品の対象となる一定の取組一覧
一定の取組 申告に必要な証明書など
特定健康検査(メタボ検査など) 特定健康診断という名称または保険者名(加入医療保険名)が記載された領収書または結果通知表
予防接種(インフルエンザなど) 領収書または予防接種済証
定期健康診断(事業主検診) 定期健康診断という名称または勤務先名称が記載された結果通知表
健康診査(人間ドックなど) 保険者名などの記載がある結果通知表
がん検診 領収書または結果通知表

実際に対象になる医薬品や制度の詳細については、厚生労働省のウェブサイトでご確認ください。

厚生労働省ウェブサイト

問合せ
市民生活部 税務課 市民税係

〒949-6696 新潟県南魚沼市六日町180番地1
電話:025-773-6668
ファックス:025-773-6600

メールでのお問合せはこちら