確定申告書は自宅で作成しましょう

更新日:平成31年1月22日

平成30年分の確定申告書の受付が平成31年2月18日(月曜日)から始まります。受付期間は1か月と短く、期間に入ったら早めに申告ができるよう、事前の準備を進めておきましょう。

還付申告については、1月1日(日曜日・祝日)から税務署で受付を開始しています。

申告書提出期間

平成31年2月18日(月曜日)から3月15日(金曜日)

注意:この期間を過ぎた申告書の提出は、市役所では受け付けません。直接小千谷税務署へ郵送するか、ご持参ください。

申告書提出場所

・小千谷税務署

・市役所本庁舎税務課、塩沢・大和市民センター

・市民会館多目的ホール(市の申告相談会場)

市役所を経由して申告書提出するときの注意点

市役所、市民会館に提出された場合は、一度市役所の職員が申告書を確認してから小千谷税務署へ送ります。申告書を確認されたくない場合は、直接小千谷税務署へ提出してください。

確定申告書の作成方法

確定申告書は、基本的にご自身で作成するものです。確定申告書の作成方法は、次の3つの方法があります。

パソコンでの申告書作成方法

必要な機器

  • インターネットに接続しているパソコン
  • プリンター

申告書の作成方法

国税庁のウェブサイト内の「確定申告書等作成コーナー」で作成できます。

案内に合わせて入力してください。

提出するときの注意

給与や年金の源泉徴収票、医療費控除の明細書、各種計算明細書や収支内訳書は忘れずに添付してください。

申告書をパソコンで作成し、書面で提出するメリット

  • e-tax申告と違い、ICカードリーダライタやマイナンバーカード、ID・パスワードが必要ない
  • 入力すると所得額や税額は自動計算され、収支内訳書や決算書も作成できる
  • 手順とおりに入力しないと先に進めないため、手書きのときのように記入漏れや、文字や数字の誤認を防止できる
  • 混雑する税務署や市役所の申告相談会場に行く必要がなく、都合の良い時間に作成できる

e-tax(イータックス)申告(電子申告)で作成する場合

2つの方式でパソコン・スマートフォンから電子申告ができます。添付書類の省略や還付手続きが早いなどの利点があります。

1.マインナンバー方式

必要な機器
  • インターネットに接続しているパソコン
  • ICカードリーダライタ
  • 電子証明書のついたマイナンバーカードか住民基本台帳カード

2.ID・パスワード方式

必要な機器
  • インターネットに接続しているパソコンかスマートフォン
  • 事前に税務署で発行したe-taxのID・パスワード

申告書の作成方法

国税庁のウェブサイト内の「確定申告書作成コーナー」で作成できます。案内に合わせて入力してください。

e-tax申告(電子申告)で提出するメリット

  • 税務署に行かなくても、国税庁ウェブサイト内で申告書を作成し、自宅から提出(送信)できる
  • 医療費の領収書や源泉徴収票などを病院などの名称、支払金額など入力して送信することにより、これらの書類の提出を省略することができる

注意:法定申告期限から5年間、税務署から書類の提出または提示を求められることがあるので保管が必要です

  • マイナンバーに関する本人確認書類についても、e-Taxで送信すれば提示、または写しの提出が不要

手書きで作成し、書面で提出

手書き用の申告書は、平成31年1月21日(月曜日)から本庁舎税務課、大和・塩沢市民センターに用意しています。確定申告期間中は税務課に来庁しても書き方相談は受け付けていません。ご注意ください。

国税庁のウェブサイトでの作成方法

申告書の作成方法などの詳細については、国税庁ウェブサイトをご覧ください

国税庁ウェブサイト(外部リンク)

問合せ
市民生活部 税務課 市民税係

〒949-6696 新潟県南魚沼市六日町180番地1
電話:025-773-6668
ファックス:025-773-6600

メールでのお問合せはこちら