六日町小学校と沖縄の嘉芸(かげい)小学校の児童が交流会を行いました

掲載日:平成30年2月13日更新

伝統を誇る太鼓で交流

琉球太鼓を披露する嘉芸小学校の児童

御実城ばやしを披露する六日町小学校の児童

地域、特産品などの紹介をする嘉芸小学校の児童

地域、特産品などの紹介をする六日町小学校の児童

沖縄のお土産を食べながら交流する児童たち

参加者たちの集合写真

2月9日(金曜日)、沖縄県国頭郡金武町(きんちょう)立嘉芸(かげい)小学校の児童33人と六日町小学校の和太鼓部の児童61人が、交流会を行いました。

六日町小学校の児童は「雪を楽しんで、たくさん思い出をつくってくいださい」と歓迎し、御実城ばやしを披露しました。嘉芸小学校の児童は琉球太鼓(エイサー)を披露し、ちんすこう、黒砂糖などの沖縄から持参したお土産をふるまいました。児童たちは、お土産を食べながら普段の生活の様子などを話し、それぞれの文化や風土の違いを感じているようでした。

嘉芸小学校の児童は、市内に4日間滞在し、南魚沼市雪まつりのステージで琉球太鼓を披露したり、スキーや雪遊びを体験しました。

問合せ
総務部 秘書広報課 秘書広報班(広報担当)

〒949-6696 新潟県南魚沼市六日町180番地1
電話:025-773-6658
ファックス:025-772-3055

メールでのお問合せはこちら