第34回しおざわ雪譜まつりが行われました

掲載日:平成30年2月19日更新

大護摩を行う里山伏

雪を照らし出すろうそく

歌舞伎公演の様子

福餅まきの様子

鈴木牧之の功績をたたえて

2月17日(土曜日)、ふれあい広場(塩沢中央公園)を主会場に第34回しおざわ雪譜まつりが開催されました。このまつりは、「北越雪譜」の著者である鈴木牧之の功績をたたえるまつりで、主会場では里山伏が行う大護摩の炎とろうそくのともし火があたりの雪を幻想的に照らし出します。

雪が降り冷え込むなかでしたが、来場者はグルメテント村などで温かいものを食べて体を温め、歌舞伎公演、福餅まき、ステージイベントなどを楽しんでいました。

問合せ
総務部 秘書広報課 秘書広報班(広報担当)

〒949-6696 新潟県南魚沼市六日町180番地1
電話:025-773-6658
ファックス:025-772-3055

メールでのお問合せはこちら