小野塚彩那選手が市長にオリンピックの大会報告を行いました

掲載日:平成30年3月1日更新

本庁舎玄関で握手を交わす小野塚選手と林市長

あいさつをする小野塚選手

報道各社の質問に答える小野塚選手

スポーツ奨励棚村基金推奨金を手にする小野塚選手と林市長

おかえりなさい 小野塚選手

3月1日(木曜日)、平昌(ピョンチャン)オリンピック フリースタイルスキー女子ハーフパイプで、5位に輝いた小野塚彩那選手が、来庁し市長に大会結果の報告を行いました

市長は小野塚選手を迎え「おかえりなさい。感動を本当にありがとうございました。私が一番うれしかったのは、小野塚選手が立ち向かう姿をパブリックビューイングの会場で子どもたちや市民のみなさんとひとつになって応援できたことです。今シーズンはまだワールドカップなどの大会がありますが、休める時期がきましたら十分に静養していただきたいと思います。これからも、ぜひ南魚沼市の誇りであり続けてください。本当におつかれさまでした。」と語りました。

小野塚選手は「メダル獲得には至りませんでしたが、やり切った気持ちでいっぱいです。パブリックビューイングでの様子を知り、たくさんの人から応援していただいていることを実感しながら滑ることができました。本当に応援ありがとうございました。今後は、南魚沼市トレーニングセンターなどを活用しながら、次世代の子どもたちがハーフパイプを続けられるような環境をつくっていけるといいなと考えています。」と語りました。

報告後、小野塚選手にスポーツ奨励棚村基金推奨金と市民スポーツ栄誉賞の贈呈を行いました。

問合せ
総務部 秘書広報課 秘書広報班(広報担当)

〒949-6696 新潟県南魚沼市六日町180番地1
電話:025-773-6658
ファックス:025-772-3055

メールでのお問合せはこちら