お台場に雪の涼しさを届ける!

ビーチバレーボールワールドツアーに雪のクーラーを出展!

平成30年7月26日(木曜日)、27日(金曜日)の2日間、東京都港区台場の特設会場で開催されたビーチバレーボールワールドツアー東京大会で雪のクーラーを出展しました。雪のクーラーとはプラスチック箱に雪を詰め、その上で換気扇を運転して雪の冷気を吹き出す仕組みです。
これは、2020東京オリンピック、パラリンピックで雪国の魅力を世界に発信することを目的とした雪資源活用事業の一環で、自然エネルギーとしての雪の活用方法を伝えるための取組みです。

会場では、テント内を雪の冷気で冷房しました。外気温が30度を超えるなかでもテント内は25度程度に冷やされていたため、来場した人に大変好評でした。冷熱源が雪だけであることを説明すると、体験した皆さんが驚き、雪の「冷やす力」を感じていただくとともに、環境にやさしい自然エネルギーによる冷房方法を普及してほしいという声をいただきました。

雪クーラー稼働の様子です。 雪クーラー実施テントの外観です。

アンケート結果はこちら

アンケート結果(PDF:1.5MB)

問合せ
総務部 U&Iときめき課 まちづくり班

〒949-6696 新潟県南魚沼市六日町180番地1
電話:025-773-6659
ファックス:025-772-3055

メールでの問合せはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。