全国大会出場選手に棚村基金推奨金を贈呈しました

掲載日:平成30年8月23日更新

全国大会での健闘をたたえ、今後の活躍にも期待

棚村基金贈呈式に出席した選手と市長の集合写真

贈呈式で激励の言葉を贈る林市長と話を真剣に聞く選手たち

贈呈式で激励の言葉を贈る林市長

選手を代表してあいさつする小林萌子(もえこ)さん

8月22日(水曜日)、全国大会に出場した市内在住の選手を対象に、棚村基金推奨金の贈呈式を行いました。

林市長は「毎年、野球の強豪校である花咲徳栄高等学校を招待し、市内の高等学校と練習試合を行っています。強豪校ほど礼儀正しく、普段の生活態度もきちんとしていて驚かされます。強くなるためにはそういった姿勢も重要だと感じます。みなさんも礼儀や普段の生活態度にも気をつけながら、自信や誇りをもって上をめざしてほしいと思います。全国大会に出場したことはみなさんの努力と、家族や周りの支えがあってのことです。そのことに感謝しながらこれからも励んでください」と激励の言葉を送りました。

選手を代表して、十日町高等学校2年の角田公平さんが「陸上と柔道の大会に出場しました。柔道を優先して練習してきましたが、大会の結果は非常に悔いの残るものでした。私は2年生で、まだチャンスがあります。この悔いを晴らせるよう今後も努力していきます」と抱負を語りました。

平成30年度市民の文化・スポーツ奨励棚村基金推奨金 贈呈式出席者名簿(PDF:99.4KB)

問合せ
総務部 秘書広報課 秘書広報班(広報担当)

〒949-6696 新潟県南魚沼市六日町180番地1
電話:025-773-6658
ファックス:025-772-3055

メールでのお問合せはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。