牧之保育園の園児が城之入川にイワナの稚魚を放流しました

掲載日:令和元年7月23日更新

豊かで親しみのある川となるように

イワナの稚魚を放流する園児たち

放流する園児たち2

稚魚を優しく手に取る園児

川を泳ぐイワナの稚魚

川遊びをする園児たち

イワナを観察する園児たち

7月23日(火曜日)、牧之保育園の年長児32人が、塩沢地区にある城之入川にイワナの稚魚約2,000匹を放流しました。

この事業は、城之入川の河川工事を実施した地元企業による地域への社会貢献事業の一つとして、ふるさとの川が豊かで親しみのある河川になることを目的に行われたものです。

園児たちは、バケツに入ったイワナの稚魚を優しく手に取って川に放流しました。すべての稚魚を放流した後は川遊びの時間となり、園児たちは水をかけあって遊んだり、放流された稚魚が元気に泳ぐ様子を観察したり、ヤゴやカニなどの生物を捕まえたりと時間いっぱいまで川遊びを満喫していました。

問合せ
総務部 秘書広報課 秘書広報班(広報担当)

〒949-6696 新潟県南魚沼市六日町180番地1
電話:025-773-6658
ファックス:025-772-3055

お問合せ