文化財防火訓練を実施しました

掲載日:令和2年1月27日更新

いち早く貴重な文化財を守るために

地域住民による初期消火の様子

火災を想定して文化財の搬出をする地域の住民たち

一斉消化をする消防職員と消防団員たち

一斉消火をする消防団員たち

閉会式で講評する林市長

閉会式の様子

1月26日(日曜日)、十二神社〔姥沢新田〕を会場に、文化財防火訓練を実施しました。この訓練は、貴重な文化財を火災などの災害から守るために、消防署や消防団、文化財関係者、地域住民との連携や協力を強化して、市民の防火意識を高めることなどを目的にしています。

会場の十二神社から出火した想定で、模擬消火器を使った初期消火、119番通報、非常持出品の搬出、一斉放水などの訓練を地域住民、消防団、消防署が連携して行いました。

林市長は閉会式で、「昨年の首里城の火災は、大変衝撃的な出来事でした。毎年、市では文化財防火訓練を実施しています。有事の際には、日頃の訓練を糧にしていただき、いち早く貴重な文化財を保護することができるように、これからも訓練にまい進していただきたいと思います」と、講評しました。

問合せ
総務部 秘書広報課 秘書広報班(広報担当)

〒949-6696 新潟県南魚沼市六日町180番地1
電話:025-773-6658
ファックス:025-772-3055

お問合せ