浦佐毘沙門堂裸押合大祭の水行などが行われました

掲載日:令和2年3月9日更新

守り続けてきた伝統

神事を見守る多聞青年団

献火式で「多聞天王」の大ろうそくに火が付いた様子

大ろうそくから火をもらう多聞青年団

水行に入る直前の多聞青年団

水行をする多聞青年団

豊年踊りをする多聞青年団

3月6日(金曜日)、普光寺で浦佐毘沙門堂裸押合大祭の水行などが行われました。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するため、浦佐毘沙門堂裸押合大祭は中止となりましたが、多聞青年団は冷たい水に肩まで浸かって水行を行い、身を清めました。その後、堂内で豊年踊りを行い、五穀豊穣や家内安全などを祈願しました。

令和2年の大祭は中止となりましたが、多聞青年団は令和3年の大祭の成功を目標に、一丸となって準備を行っていきます。

問合せ
総務部 秘書広報課 秘書広報班(広報担当)

〒949-6696 新潟県南魚沼市六日町180番地1
電話:025-773-6658
ファックス:025-772-3055

お問合せ