灯油の流出事案が多発しています

掲載日:令和3年12月22日

「給油中の数分間 その場を離れず 注ぎ口を見守って!」

毎年、暖房器具の使用が始まるこの時期から、灯油の流出が多発します。

灯油が流出すると、火災の危険があるほか、土壌汚染や水質汚濁など、環境へ大きな影響を及ぼします。

次の点に注意しましょう

  • 給油中や小分け中は、その場から絶対に離れない(流出原因の半数以上を占めます)
  • 給油後は、タンクの栓をしっかり閉める
  • 配管に破損や腐食がないか確認する

近年の油漏れ発生件数(11月から翌年3月)

発生年 件数
令和2年 26
令和元年 43
平成30年 24
平成29年 32
平成28年 26

回収・処理費用は油漏れの原因者

油が河川などへ流出した場合、回収と処理費用は原因者が負担することとなります。状況によっては多額の費用を請求される場合もありますので、灯油の取り扱いには十分ご注意ください。

油流出事故防止啓発マンガ(PDF:1.8MB)

こんな対策も有効です

  • 自動停止する給油補助器具を付ける(ホームセンターなどで購入できます)
  • 防油堤を設置する

防油堤のイラスト

灯油が流出した場合は、応急処置と通報

  • 応急処置…新聞紙や布きれなどで、灯油が水路に流れ出ないようにする。河川などへ流出する可能性があるため、散水して油を洗い流さない。
  • 通報…近くの消防署へ通報する

通報先

  • 消防本部:電話番号 025-782-9119
  • 消防大和分署:電話番号 025-779-4600 
問合せ
市民生活部 環境交通課 環境交通係

〒949-6696 新潟県南魚沼市六日町180番地1
電話:025-773-6666
ファックス:025-772-3055

お問合せ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。