第30回浦佐温泉耐久山岳マラソン大会・健康歩こう大会が開催されました

掲載日:平成28年9月6日更新

残暑厳しい中、過酷なコースへのチャレンジ

マラソンの様子1

マラソンの様子2

マラソンの様子3

マラソンの様子4

マラソンの様子5

ゴール後、すいかを食べる様子

9月4日(日曜日)、朝から気温が高い中、第30回浦佐温泉耐久山岳マラソン大会・健康歩こう大会が開催されました。今年は、連続して30回出場した選手8人に、連続出場の楯と南魚沼産コシヒカリの新米10キロの目録などの記念品が贈られました。

大会コースは、浦佐温泉街をスタートし、後山・辻又地区に向けて魚沼丘陵を登り、浦佐温泉街に戻ってくる1周21.0975キロメートル、高低差約375メートルの起伏のある過酷なコースです。マラソンに1108人、歩こう大会に525人が参加し、暑さとも戦いながら険しいコースに挑みました。厳しい暑さの中、2周してフルマラソンに挑戦するランナーも327人いました。

競技後にふるまわれた八色すいかは大好評で、参加者たちは甘くて冷たいすいかを食べ、疲れをいやしていました。

問合せ
総務部 秘書広報課 秘書広報班(広報担当)

〒949-6696 新潟県南魚沼市六日町180番地1
電話:025-773-6658
ファックス:025-772-3055

メールでのお問合せはこちら